安達祐実の“部屋着”に「好き」「見るの楽しい」注目の声多数…「捨ててよ、安達さん。」4話

安達祐実が最初で最後の“自身役”で主演を務めるドラマ25「捨ててよ、安達さん。」の4話が5月8日放送。今回も安達さんの“部屋着”に注目する視聴者が多数。またゲストの片桐はいりのインパクトに反応した声も数多く寄せられている。

最新ニュース スクープ
「捨ててよ、安達さん。」第4話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第4話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第4話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第4話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第4話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
安達祐実が最初で最後の“自身役”で主演を務めるドラマ25「捨ててよ、安達さん。」の4話が5月8日放送。今回も安達さんの“部屋着”に注目する視聴者が多数。またゲストの片桐はいりのインパクトに反応した声も数多く寄せられている。

安達さんの地上波連ドラ10年ぶりの主演作にして、芸歴36年目にして“自身役”を演じるという異色作となる本作。安達さんが女性誌から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに、“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画を持ち掛けられ、夢の中に謎の少女と“捨てられないモノ”たちが擬人化して現れて、そこから安達さんの内面が紐解かれていくという物語で、安達さんの美しさと毎回出演する豪華ゲストに、多くの視聴者の注目が集まっている。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は安達さんの元へ遠い親戚だという光代おばちゃんから手作りの大きな時計が届き、お礼の手紙を書こうとするも筆が進まず、悩んでいるうちに眠ってしまった安達さん。すると夢の中にいつもの少女が現れ、勝手に手紙を代筆。止めさせようとする安達さんの前に“時計”が現れる。その姿は“光代おばちゃん”そっくりで安達さんは思わずお茶を出して接待。

話をしていくうちに“時計のミツヨ”は、光代が安達さんからお礼の手紙をもらっていることで、贈り物を止められなくなっていることを明かし、安達さんから“終わりにして欲しい”と告げる…というストーリー。


放送開始時から話題となっている安達さんの衣装だが、今回も多くの視聴者が注目。夢の中でみせる“部屋着”に「夢の中での安達さんのダボダボ服好き」「夢の中の安達さんのお洋服も見るの楽しい」といった声が。

また時計役の片桐さんには、その登場シーンのインパクトに触れたコメントが多数。「片桐はいりのインパクトが強烈すぎる」「登場シーン斬新だわwww」「うしろから片桐はいり!(笑) 」などの声多数。


また川上凛子演じる夢の中に現れる少女にも様々な声が寄せられている。「どんどん距離が縮まる安達さんと謎の少女のやりとり、好き」という反応をはじめ、「この子は安達さんにとって一番捨てられない物なのかな?」など少女の“正体”を推測するツイートも。ドラマ内でも自らの正体については答えをはぐらかしているだけに、夢の中の少女が一体何“物”なのかにも注目が集まっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top