土屋太鳳、全てを失って母に…3回断った難役に挑む『哀愁しんでれら』公開

土屋太鳳主演映画『哀愁しんでれら』の公開が決定。新鋭監督の完全オリジナル脚本で新たな役どころに挑む。

映画 邦画ニュース
『哀愁しんでれら』(C)2021 「哀愁しんでれら」製作委員会
  • 『哀愁しんでれら』(C)2021 「哀愁しんでれら」製作委員会
  • 土屋太鳳
土屋太鳳主演映画『哀愁しんでれら』の公開が決定。新鋭監督の完全オリジナル脚本で新たな役どころに挑む。

市役所に勤める小春は、幸せでも不幸せでもない平凡な毎日を送っていた。しかしある夜、祖父が倒れ、慌てて車で病院に向かうも父が飲酒運転で連行され、自宅が全焼、警察で事情聴取、頼りにしていた彼氏の浮気を目撃、しかも相手は自分の同僚…と、一晩で怒涛の不幸にあい全てを失う。そこに現れたのが、8歳の娘・ヒカリを男手ひとつで育てる開業医の大悟。まさに王子様のような彼のプロポーズを小春は受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ。しかしその先には、想像もつかない毎日が待っていた――。

本作は、次世代のクリエイター発掘のためのコンペティションである「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」に出品され、2016年のグランプリを受賞した企画。ドラマ「時をかける少女」や『3月のライオン』『ビブリア古書堂の事件手帖』などの脚本を務めた渡部亮平監督自身の完全オリジナル脚本で映画化。

主演の土屋さんが演じるのは、一晩で怒涛の不幸にあい、全てを失ってしまう福浦小春。人生を諦めようとしていた彼女だったが、ある男性と出会い、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がるまさにシンデレラに。しかし、ある日前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう。

土屋太鳳
これまで、連続テレビ小説「まれ」や「チア☆ダン」、「下町ロケット」、人気番組「ぐるぐるナインティナイン」では「ゴチ」メンバーとして出演。天真爛漫なイメージの強い彼女だが、今作では狂気の変貌を遂げるダークな女性を、また自身初となる“連れ子の母親”という役どころに挑戦する。

さらに今回、小春の場面写真も到着。娘が通う小学校の教室と思われる場所で、シンデレラのように美しいドレスを身にまとっている。

土屋太鳳 コメント


初めてこの物語を読ませていただいた時、私が感じたのは嫌悪感と疑問でした。光栄だけれど、なぜ私にと思って下さるんだろう。理由を知りたくて監督にお会いしましたが分からず、おこがましいながらお断りしました。覚悟できないまま取り組む物語ではないからです。でも、脚本は私の前に戻ってきました。4回目に戻ってきた時、急に「この物語は生まれたがってるんじゃないか」と感じたんです。脚本の中で小春が泣いているようにも感じました。私に出来ることがあるなら、一緒に泣くこと。理解できるかではなく生まれてくるものを愛すること。そう感じたころ共演者を知り、そのかたと踏み出せるならと覚悟を決めました。迷った末の撮影は得難い時間の連続でした。命が命を愛そうとする時の摩擦熱のような何かが今も心に残っています。感じていただけますよう。

『哀愁しんでれら』は2021年早春、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top