井ノ原快彦&道枝駿佑、親子の絆が垣間見える『461個のおべんとう』場面写真

井ノ原快彦が息子のためにお弁当を作り続けるシングルファザーを演じ、「なにわ男子」道枝駿佑と親子役で共演する『461個のおべんとう』。この度、父と息子、それぞれの場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『461個のおべんとう』(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会 
  • 『461個のおべんとう』(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会 
  • 『461個のおべんとう』(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会 
井ノ原快彦が息子のためにお弁当を作り続けるシングルファザーを演じ、「なにわ男子」道枝駿佑と親子役で共演する『461個のおべんとう』。この度、父と息子、それぞれの場面写真が到着した。

>>『461個のおべんとう』あらすじ&キャストはこちらから

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美による感動のお弁当エッセイを映画化する本作。鈴本一樹は、息子・虹輝が高校入学時、「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」と質問。すると「父さんのお弁当がいい」と虹輝。この瞬間から「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という父と息子の“大切な約束”が生まれた――。

今回到着した場面写真では、多忙なミュージシャンでありながら、息子のために毎日欠かさずキッチンに立ち続ける井ノ原さん演じる父・一樹のひとコマが収められている。映画化決定の際、「この作品はお弁当を作るシーンも多いので自宅で料理の勉強をしています」と話していた井ノ原さん。得意顔な表情が印象的な1枚だ。

またもう1枚は、1度受験に失敗し、1歳下のクラスメートに囲まれて孤立していた息子・虹輝が、ひとりニヤリとしながら父が作ったお弁当を食べる微笑ましい場面が切り取られている。

『461個のおべんとう』(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会 
『461個のおべんとう』は秋、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top