『461個のおべんとう』はおなかがすく!?『かもめ食堂』『海街diary』飯島奈美らが料理監修

『461個のおべんとう』で料理監修を担当したのは、『かもめ食堂』『海街diary』「深夜食堂」などを手掛けた飯島奈美をはじめとするフードスタイリストたち。

映画 邦画ニュース
『461個のおべんとう』(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
  • 『461個のおべんとう』(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会
井ノ原快彦と道枝駿佑が親子役を演じる『461個のおべんとう』には、親子の絆で生まれる美味しそうなお弁当の数々が登場する。その料理監修を担当したのは、数々の映画・ドラマ・CMなどで活躍している飯島奈美をはじめとするフードスタイリストたち。このほど、大事なお弁当の最後の仕上げ、お弁当箱におかずを詰める父・一樹の様子を収めた場面写真がWEB解禁となった。

>>『461個のおべんとう』あらすじ&キャストはこちらから

飯島さんが料理監修した映画やドラマ作品は多数あるが、どの作品にも、とにかく美味しそうな料理が登場するのが魅力。例えば『かもめ食堂』では、北欧の食堂で生姜焼きやとんかつ、焼き魚といったほっかほかの和食に梅、鮭、おかかのおにぎり。また、『南極料理人』では、極寒の極地でのおにぎりと豚汁、ラーメンに伊勢海老フライなどバリエーション豊かな料理がテーブルを彩る。

さらに、映画化もされたドラマ「深夜食堂」にも看板メニューの豚汁、赤いウィンナーや甘い卵焼きに、カツ丼やあさりの酒蒸しなど、客のリクエストで作るメニューが。『海街diary』では、舞台の鎌倉らしい生しらす丼やアジフライ、懐かしい感じのするちくわカレーなどが登場してきた。

本作では、飯島さんと岡本柚紀らが料理監修。ミュージシャンの主人公・一樹(井ノ原さん)が一人息子・虹輝(道枝さん)との約束のために高校3年間毎日作った計461個ものお弁当を通し、親子の絆と成長を描いている。出来上がったお弁当は彩りもよく、見てるだけで食欲をそそる。

さらには、料理シーンの映像や音にも注目。本作を鑑賞した方たちからは、親子の絆に感動する感想とともに、「観ていて、おなかすいた~」という声がSNSで続出、また、虹輝が教室でヒロミ(森七菜)と章雄(若林時英)とお弁当を食べるシーンでは、虹輝のお弁当を2人がつまみ食いする場面があるが、シーンのカットがかかると、飯島さんが率いる料理監修チームがすぐに補充するということが何度か繰り返されたそう。「実際、何人前作ったか分からない」と話すぐらいの量を準備していたため、3人は美味しくてつい食べ過ぎることが多々あったようだ。

こうして、3人だけではなく、観ている方も幸せな気分になれる学生たちのお弁当タイムが生まれた。料理監修スタッフは、「料理をおいしくさせるには“好き”という気持ちが欠かせないことを改めて、(本作を通して)感じました」と明かす。

広告の後にも続きます
また、一樹のお弁当作りに関しては、「お弁当箱を日によって変える、新しい調理道具を自分で作るなど、何事も楽しんで取り組むのが上手。おかずだけじゃなく、ごはんを混ぜごはんにしたりそぼろを乗せたり、息子の気持ちを考えて、飽きさせない工夫も随所に見られる。忙しい日々の中、息子とゆっくり話す時間はなくても、毎日のお弁当の中に、たくさんの言葉が込められていたように思います」と語っている。

『461個のおべんとう』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top