医療制度のタブーに向き合う、現役医師が書く「いのちの停車場」映画化

本日5月27日(水)発売の南杏子の最新小説「いのちの停車場」が、早くも映画化されることが決定。映画化権は、東映株式会社が獲得した。

映画 邦画ニュース
本日5月27日(水)発売の南杏子の最新小説「いのちの停車場」が、早くも映画化されることが決定。映画化権は、東映株式会社が獲得した。

南さんは、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師。2016年に現代の終末期医療の在り方を問う感涙ミステリー「サイレント・ブレス」で作家デビューし、2018年に発表した、日本の医療界の現実をえぐりながら、医師たちの成長と挫折を描く感涙のヒューマンサスペンス「ディア・ペイシェント」は、貫地谷しほり主演でドラマ化、放送を控えている。

そんないま注目の作家が書く最新作「いのちの停車場」は、日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師や患者、その家族が織りなす社会派ヒューマン医療ドラマとなっている。

なお、監督や出演キャストについては、また改めて発表。撮影時期、公開時期に関しても現在は発表されていない。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top