ブルーノ・ガンツ扮するフロイト教授が伝える人生の教訓とは『17歳のウィーン』予告

ブルーノ・ガンツがフロイト教授を演じる『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』より、予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
  • 『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
ブルーノ・ガンツがフロイト教授を演じる、ローベルト・ゼーターラーの「キオスク」の映画化『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』より、予告編が到着した。

>>『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』あらすじ&キャストはこちらから

ブルーノの遺作となった本作は、第二次世界大戦の影が迫るオーストリア・ウィーンを舞台に、青年フランツが精神分析学者のフロイト教授の教えを請いながら、成長していく姿を映し出す。

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
今回の予告編では、タバコ店の見習いとして働くためにウィーンにやってきたフランツと、そこの常連で“頭の医者”として知られる教授との出会いから、フランツの初めての恋、教授がフランツに助言するシーンも登場。


さらに、1937年当時のウィーンの街並みが感じられるほか、ナチ・ドイツによるオーストリア併合、第二次世界大戦の影が迫る様子も描かれている。

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』(C)2018epo-film,Glory Film
『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』は7月24日(金・祝)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top