ジョディ・フォスター主演&製作総指揮で贈る社会派サスペンス…午後ロー『ブレイブ ワン』

6月1日(月)のテレビ東京「午後のロードショー」に、2度のアカデミー賞に輝くジョディ・フォスターが主演、製作総指揮も務めたサスペンスムービー『ブレイブ ワン』が登場する。

最新ニュース スクープ
『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
  • 『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
6月1日(月)のテレビ東京「午後のロードショー」に、2度のアカデミー賞に輝くジョディ・フォスターが主演、製作総指揮も務めたサスペンスムービー『ブレイブ ワン』が登場する。

ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティーを務めるエリカ・べイン(ジョディ・フォスター)は、婚約者のデイビッド(ナビーン・アンドリュース)との挙式を控え充実した毎日を過ごしていたが、ある日、愛犬を連れ訪れたセントラル・パークで3人の暴漢に因縁をつけられ暴行されてしまう。数週間後、ようやく目覚めたエリカを待っていたのは、デイビッドの死という受け入れ難い事実。

『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
心身共に深い傷を負い、恐怖心で愛するニューヨークの街を歩けなくなったエリカは、護身用にと拳銃を購入する。ある夜、コンビニで殺人現場に出くわしたエリカは、犯人に向けて護身用の銃を発砲、射殺してしまうがエリカは不思議な安堵感に包まれる。その後、地下鉄内でチンピラ2人に絡まれた際は迷わず2人を射殺。どちらの事件も撃ち殺されたのが前科者だったため、世間はこの射殺を勇気ある自警行為として受け止め“処刑人”と呼ぶようになる。

そして“処刑人”を追っていたニューヨーク市警のマーサー刑事(テレンス・ハワード)は、エリカのラジオ番組のリスナーだったことから2人は知り合うことに…というストーリー。

『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
13歳にして『タクシードライバー』で世界を驚愕させ、『告発の行方』と『羊たちの沈黙』でアカデミー主演女優賞を受賞すると、リアルな科学考証で異星人との邂逅を描いた『コンタクト』や飛行中の旅客機で子どもを奪われた母親を演じた『フライトプラン』など様々な作品に出演してきたジョディ・フォスター。

主人公・エリカに疑いの目を向けるニューヨーク市警のマーサー刑事には『アイアンマン』『ヴィンセントが教えてくれたこと』などのテレンス・ハワード。

『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
監督を務めたのは『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ビザンチウム』などの作品で知られる鬼才ニール・ジョーダン。

ジョディ・フォスターは女優としてだけでなく監督としても『リトルマン・テイト』などを手掛け、さらにはプロデュース業にも進出。本作はそんな彼女が主演、製作総指揮を務めた一作だ。

『ブレイブ ワン』(C) APOLLO
“処刑人”となったエリカは正義なのか? 悪なのか? 社会派サスペンス『ブレイブ ワン』は6月1日(月)13時35分~テレビ東京「午後のロードショー」枠で放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top