“都会っ子”新聞記者と大自然の“野生児”が出会う…午後ロー『クロコダイル・ダンディー』

6月4日(木)のテレビ東京「午後のロードショー」では、アカデミー賞脚本賞にノミネートされたオーストラリアのコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』を放送する。

最新ニュース スクープ
『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
  • 『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
6月4日(木)のテレビ東京「午後のロードショー」では、アカデミー賞脚本賞にノミネートされたオーストラリアのコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』を放送する。

オーストラリアのコメディアン、ポール・ホーガンが自ら原案、脚本、主演して製作。本作のヒットで彼はゴールデングローブ賞主演男優賞に輝いたほか、アカデミー賞脚本賞にもノミネート。

『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
ニューヨークの大新聞社の社主の娘で、花形記者としても活躍するスー・チャールトン(リンダ・コズラウスキー)は、オーストラリアでワニに足を食いちぎられながら自力でジャングルから生還したクロコダイル・ダンディーという男の話を耳にする。その話に興味を持ったスーは、彼に会うためにオーストラリアへ。

観光会社を経営するウォルター(ジョン・メイロン)と会い、例の男の話を聞いていると、1本のナイフが店に投げ込まれワニに襲われた男が駆け込んでくる。驚くスーだが、ほかの客たちは心得たもので彼の登場に盛り上がる。この陽気な男こそクロコダイル・ダンディー(ポール・ホーガン)だった。

『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
通称ミックと呼ばれている彼に、スーは食いちぎられたとうわさされていた足のことを聞くと、ミックは裾をまくりひどい傷跡を見せた。スーはワニに襲われた場所でインタビューをしたいと申し出、ミックはスーを連れジャングルへ向かう。

途中ワニに襲われたり、カンガルー狩りの男に出会ったり、先住民に会ったりと、都会育ちのスーには刺激的で、楽しい時間だった。そしてスーはニューヨークへ帰る際、記事のためにとミックもニューヨークへと誘う。ジャングル育ちのミックはついに大都会へと向かうことに…という物語。

『クロコダイル・ダンディー』 (C) APOLLO
本作はその後『クロコダイル・ダンディー2』と『クロコダイル・ダンディー in L.A.』の2作の続編が製作。『クロコダイル・ダンディー2』ではスーと共にニューヨークで暮らすダンディーがコロンビアの麻薬組織と戦い、13年ぶりの続編となった『クロコダイル・ダンディー in L.A.』ではワニ漁が禁止となったダンディーが、ロスに移住するというストーリー。

午後のロードショー『クロコダイル・ダンディー』は6月4日(木)13時35分~テレビ東京で放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top