山下智久「アイスランドの風景を思い出しながら」新曲作詞秘話明かす

ドラマ「THE HEAD」が、6月4日にバーチャル記者会見を世界同時開催。主要キャストと制作陣が世界各地からオンラインで出席した。

最新ニュース レポート
Huluオリジナル「THE HEAD」バーチャル世界記者会見 Hulu Japan
  • Huluオリジナル「THE HEAD」バーチャル世界記者会見 Hulu Japan
様々な国の実力派キャストたちが集結し、日本からは山下智久がメインキャストのひとりとして参加する大型国際連続ドラマ「THE HEAD」が、6月4日にバーチャル記者会見を世界同時開催。主要キャストと制作陣が世界各地からオンラインで出席した。

当初、6月上旬にスペインで制作発表記者会見を開く予定だったが、世界的な新型コロナウィルス感染拡大の影響で、今回ドラマ界ではまだ類を見ない新たな形での開催に。さらに、スペインやイタリア、フランス、フィリピンなど各国から取材媒体も参加した。

本作への期待値を証明するかのように、質疑応答でも各国の記者から次々と質問が寄せられ、大盛況を見せたバーチャル記者会見。中でも、劇中で恋愛感情を育んでいく“マギーとアキ”を演じたキャサリン・オドネリーと山下さんへの注目度が高く、記者から「どうやって関係性を築いていったのか?」という質問が寄せられると、キャサリンは「普段から一緒にいるようにしました。本当に“はじめまして”の関係で、お互いを知る良い機会だったので、それぞれのキャラクターや文化について話し合いました。現場ではトモのそばにベッタリでした(笑)」と言い、山下さんも「本当に素晴らしい女優さんで、仕事がしやすかったし、2人の関係性は画面を通して感じていただけるはずです。世界中の皆さんと、この物語を共有できることに、とても興奮しています」とコメントした。

さらに、本作のエンディングテーマ曲として採用された山下さんが作詞した新曲「Nights Cold」の話題にもなり「『THE HEAD』のロケをしている時点ではまだ決まっていなかった」と山下さんが明かす。「実際に作詞をするときはずっと、ロケで訪れたアイスランドの風景を思い出しながら取り組みました」と作詞秘話を語っていた。

ほかにも、「各人物の行為と感情の複雑さが、とても魅力的」(ジョン・リンチ)、「何が真実なのか興味が尽きない上に、人間はどれほど醜くも美しくもなりうるかに気づかせてくれる壮大な物語」(アレクサンドル・ウィローム)、「とてもよく描かれた作品で、よくあるスリラーや犯罪ものとはまったく違います! 誰もが個人的な利害関係や恥、隠したい秘密を持っていますが、この物語はそういったものや倫理観を問う人間ドラマなんです」(ローラ・バッハ)、「私たちが何をどう選択し、1日の終わりにどう正当化するか、そしてそこに伴う複雑さが肝」(アメリア・ホイ)など、キャスト陣が本作の魅力や見どころを熱く語っていた。

なお、追加の放送国として、フランスとイタリア、ポルトガルが決定した。

Huluオリジナル「THE HEAD」は6月12日(金)22時~Huluにて独占配信(全6話)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top