インディホラー『The Wretched』が米ドライブインシアターでヒット 興収100万ドル超え

アメリカで、インディホラー映画『The Wretched』(原題)の興行収入が、公開から1か月で100万ドル(約1億800万円)を超えた。

最新ニュース ゴシップ
「ドライブインシアター」Photo by David McNewGetty Images
  • 「ドライブインシアター」Photo by David McNewGetty Images
アメリカで、インディホラー映画『The Wretched』(原題)の興行収入が、公開から1か月で100万ドル(約1億800万円)を超えた。「The Wretched」は「不幸な人、哀れな人」を意味する。2019年にファンタジア国際映画祭でプレミア上映後、今年5月1日にカリフォルニア州のモントクレアなどのたった11館のドライブインシアターで公開され、ヒットした。

監督は『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』のブレット&ドリュー・T・ピアース兄弟で、脚本も2人が手掛けた。主人公は反抗期の少年で、近所に住む女性が1000年以上生きている魔女と知り、対決することになる話だという。『ファースト・ドッグ 大統領のわんちゃん』のジョン=ポール・ハワードが主演。

「この時期に、大きなスクリーンで映画を観ることの力について議論したり、軽視したりする人は、ただドライブインシアターで『The Wretched』を観ればいいんです」と「コムスコア」のシニア・メディア・アナリストのポール・ダーガラべディアン氏は語る。新型コロナウイルスの影響で、全米国内のほぼ全ての映画館が閉鎖された中、3密が避けやすいドライブインシアターは脚光を浴びた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top