前作から約30年…キアヌ&アレックス出演『ビルとテッド』最新作予告編が公開

キアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターが出演する『ビルとテッド』シリーズ第3弾『Bill & Ted Face the Music』(原題)の予告編が公開された。

最新ニュース ゴシップ
『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
  • 『Bill & Ted Face the Music』(原題) (C) APOLLO
キアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターが出演する『ビルとテッド』シリーズ第3弾『Bill & Ted Face the Music』(原題)の予告編が公開された。前作『ビルとテッドの地獄旅行』から約30年。第3弾の劇中でも中年のおじさんとなっているビル(アレックス)とテッド(キアヌ)の現在は果たして…。

予告編で描かれている2人のバンド「ワイルド・スタリオンズ」は、ロックで世界を救済するという夢とはほど遠く、2ドルのタコスを食べるという目的でやってきた40人の観客の前でライブするという落ちぶれぶり。

そこで2人は思いつく。「世界を救う曲」を書き上げているはずの未来へ行き、現在に持ってくればいいのだと。テッドは「それって“盗み”じゃない?」と一瞬悩むものの、ビルは「自分たちから盗むんだから盗みにならない」と気に留めない。そして、お馴染みの電話ボックス型タイムマシンが登場。降り立った場所はどうやら刑務所の中で…。


予告編では死神役を再演するウィリアム・サドラーや、テッドとビルの娘たちの姿も見られる。

監督は『ギャラクシー・クエスト』のディーン・パリソットで、脚本は前2作を手掛けたクリス・マシソン&エド・ソロモン。『Bill & Ted Face the Music』は8月21日全米公開予定。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top