グレタ・ガーウィグ「ある意味30年がかり」、“わたしの若草物語”映画化への思い

シアーシャ・ローナン主演『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』から、監督のグレタ・ガーウィグとローリーを演じたティモシー・シャラメのインタビュー映像が公開。

映画 洋画ニュース
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
  • 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
シアーシャ・ローナン主演『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』から、監督のグレタ・ガーウィグと、小説家を目指す次女・ジョーに熱烈な恋をするマーチ家の隣人・ローリーを演じたティモシー・シャラメのインタビュー映像が公開された。

>>『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじ&キャストはこちらから

本作の原作は、19世紀から読み継がれている女性作家ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー小説「若草物語」。インタビュー映像は「今の自分があるのは“若草物語”のおかげ」と語るグレタ監督の言葉から始まっている。

「自分らしく生きることを学び、マーチ姉妹は私の目標」だったとグレタ監督。しかも、大人になってから読み返すと、その内容がとても現代的で「ぜひ自分が映画化しなくては」と決心、自ら企画を会社に売り込んだと明かす。「まず脚本を書く許可が出て、その後に監督をやらせてくれることになった」と自らで映画化することを決心してから約5年、なによりグレタ自身の人生を考えて「ある意味30年がかり」の夢の実現となった。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
そのインタビュー中、グレタ監督の語る言葉にずっと熱心に耳を傾けているのは、4姉妹の隣に住むローリーを演じたティモシー。

彼をキャスティングした理由について監督は「まずシアーシャがジョー役に決まった」「彼女は“ジョーをやる”と自分で決めていた」と語り、その後、ジョーと鏡合わせのような存在であるローリーは誰が演じるのか考えたときに浮かんだのが、『レディ・バード』で相性の良さを証明済みだったティモシーだったそう。「彼なら完璧だと思ったし、実際撮影してみたらその通りだった」「2人の共演シーンは最高」と絶賛を贈っている。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
さらに、「若草物語」が現代的である理由について問われたティモシーは、「現代でも通じる物語」「1800年代に書かれた小説だけど、女性の持つ力について書かれている」「理不尽な性差別で活躍を制限される女性の姿もね」と、出版から150年たったいまでも愛され続ける「若草物語」の魅力について彼なりの解釈を語っている。


『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top