車に閉じ込められ極限状況…謎の脅迫者の目的とは『タイムリミット 見知らぬ影』予告

サスペンスアクション『タイムリミット 見知らぬ影』が6月27日(土)より公開。ポスタービジュアルとスリリングな予告編が到着した。

映画 洋画ニュース
『ニック/NICK』のクリスティアン・アルヴァルト監督と、『ピエロがお前を嘲笑う』『es[エス]』のヴォータン・ヴィルケ・メーリングがタッグを組んだサスペンスアクション『タイムリミット 見知らぬ影』が6月27日(土)より公開。ポスタービジュアルとスリリングな予告編が到着した。

本作は、ある日車に乗った男性が、悪夢のような事件に巻き込まれてしまうサスペンスアクション作品。

『タイムリミット 見知らぬ影』(C)2017 SYRREAL ENTERTAINMENT / TELEPOL / ZDF / TRAUMFABRIK BABELSBERG / SECHSUNDZWANZIGSTE BABELSBERG FILM
ベルリンの不動産会社で大規模な建築プロジェクトを手掛けているカール(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)は、ある朝、娘と息子を車に乗せ、学校に送り届けようとしている最中、正体不明の男から脅迫電話を受ける。あるものが車に仕掛けられていると言い、巨額の金を要求してくる男。

同じ犯人に脅迫されていた上司とその妻が死亡したのを目の当たりにしたカールは、やむなく理不尽な要求に従おうとするが、息子が上司の事件で重傷を負った揚げ句、広場で警官隊に包囲されてしまう。しかも、捜査の指揮を執る警部は、不仲の妻への復讐だと断定。そんな八方塞がりのカールの前に、大胆にも脅迫者が姿を現し…というストーリー。

『タイムリミット 見知らぬ影』(C)2017 SYRREAL ENTERTAINMENT / TELEPOL / ZDF / TRAUMFABRIK BABELSBERG / SECHSUNDZWANZIGSTE BABELSBERG FILM
今回到着した予告編では、カールに脅迫電話がかかってくる場面からスタート。車から降りたいけど降りられない状態のカールたちが包囲される様子や、必死に街中を車で疾走するシーンも登場している。


『タイムリミット 見知らぬ影』は6月27日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top