ティモシー&セレーナの美術館デートシーン『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスが豪華競演するウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』から、新場面写真が到着した。

映画 洋画ニュース
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
  • 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C) 2019 GravierProductions, Inc.
ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスが豪華競演するウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』から、新場面写真が到着した。

>>『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』あらすじ&キャストはこちらから

本作でティモシー・シャラメ演じるギャツビーとセレーナ・ゴメス演じるチャンの2人が訪れるメトロポリタン美術館は、セントラル・パークの東側に位置する最大の美術館。ニューヨーカーの間では、“メット(MET)”の名称で親しまれている。

これまで、ブライアン・デ・パルマ監督の『殺しのドレス』やウディ・アレン監督の『世界中がアイ・ラヴ・ユー』ではその外観で、アンドリュー・デイヴィス監督の『ダイヤルM』では「エジプト美術」エリアのデンドゥール神殿で撮影が行われた。

また、「VOGUE」の編集長アナ・ウィンター主催で毎年開かれるメットガラは、メトロポリタン美術館を舞台に、世界中のセレブやスターたちがドレスを着て集うファッションの祭典で、「ファッション界のアカデミー賞」としても知られている。その模様は、アンドリュー・ロッシ監督の『メットガラ ドレスをまとった美術館』でも楽しめる。

今回解禁された場面写真には、エル・ファニング演じるアシュレーに約束をすっぽかされたギャツビーが、チャンと2人でメトロポリタン美術館にデートに訪れるシーンが切り取られている。


ドレスを着た絵画に見入っているチャンや、エジプト美術エリアを鑑賞している姿など、作品を楽しむ2人の様子を収めたカットのほか、絵画そっちのけで姉と付き合っていた当時のチャンのそっけない態度についてふり返り、思い出話をしている姿や、美術館の外で見つめ合いながら語り合う姿も捉えている。


絵画を眺めながらも、小慣れた様子で会話を楽しんでいる2人から、ニューヨーカーならではの粋が感じ取れる。素敵な美術品の数々と、2人のデートのムードが気になるシーンとなっている。


『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は7月3日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top