【USJ】3か月ぶりの一般営業再開!感激の涙と笑顔がパークへ戻る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月19日(金)、関西2府4県在住者を対象に一般営業を再開した。徹底した衛生強化対策と慎重で段階的なキャパシティー・コントロールの下、新たなテーマパーク・エンターテイメントの提供を目指す。

最新ニュース スクープ
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは6月19日(金)、関西2府4県在住者を対象に一般営業を再開した。徹底した衛生強化対策と慎重で段階的なキャパシティー・コントロールの下、新たなテーマパーク・エンターテイメントの提供を目指す。

同パークは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3か月以上続いた臨時休業を終え、キャパシティー・コントロールを行いながら段階的に営業再開していくなか11日間の大阪府を対象エリアとしたソフトオープンを経て、6月19日(金)より年間パス所持者ならびに関西2府4県在住者を対象とした一般営業を再開した。

「ウォーターワールド」のプレショー
パーク内では、マスクの着用や手指の消毒、フィジカル・ディスタンスの確保などはじめとする衛生強化対策に加え、新しい生活様式に則しつつゲストが楽しめるように、さまざまな運営上の工夫を実施。熱中症対策を考慮して新たに設置した「マスクフリーゾーン」(パーク中央ラグーン沿い)のほか、ゲストが発声を控えながらも楽しめる「ウォーターワールド」のプレショー、ゲスト同士のディスタンスを保ちつつライブ・パフォーマンスを鑑賞するストリート・エンターテイメント(パワー・オブ・ポップ~UK エディション~)、レストラン(メルズ・ドライブイン)で3人以上のグループが横並びに座って利用する様子、ライド乗車前のクルーの声かけ(ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド)など、さまざまな工夫の一部を報道陣に公開した。

パワー・オブ・ポップ
村山卓 執行役員副社長CMOは報道陣に対して、「多くのゲストの皆さまが心待ちにされていた一般営業を再開でき、非常にうれしく思っています。ゲストの笑顔をマスク越しですが拝見し、感激して涙ぐむゲストもいらっしゃるなど私たちも大きな感動をいただいてきました。臨時休業の間、まっさきに大阪市保健所・大阪府などと感染防止対策を検討、また、国が公表している『遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』策定にも積極的に協力してきました。これからも、ゲストの皆さまとクルーの健康と安全を最優先としパークの運営をしてまいります。より多くのゲストの皆さまに楽しんでいただけるよう、段階的に工夫をしながらパーク運営を拡大していきたいと考えております。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは新しい生活スタイルの中でも、ゲストの皆さまに感動をお届けしたい、ゲストの皆さまと一緒にマジカル・モーメントを創造していきたいと思います。パークの再開が日本の観光再興の一助になるよう、社員一同精一杯がんばってまいります」と語った。

村山卓 執行役員副社長CMO
同パークは、ゲストとクルーの健康と安全の確保を最優先として、国が公表している「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準拠することに加え、国内外の情勢ならびに保健行政機関と医療専門家からの指導の下、徹底した衛生対策を講じて営業。「今後も、新しい生活スタイルの中で、パークでの一日を安心して過ごしながら思いきり楽しみ、その体験をゲストの皆さまの明日への活力としていただける最高のテーマパーク・エンターテイメントとパーク運営を追求し、社会に貢献してまいります」とコメントしている。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top