エズラ・ミラー主演『ザ・フラッシュ』にマイケル・キートンが“バットマン”として登場か

エズラ・ミラー主演のDC映画『The Flash』(原題)に、かつてティム・バートン版でバットマンを演じたマイケル・キートンが出演交渉中と、米「The Wrap」や「The Hollywood Reporter」などが報じている。

最新ニュース ゴシップ
マイケル・キートン-(C)Getty Images
  • マイケル・キートン-(C)Getty Images
  • マイケル・キートン/ 『スパイダーマン:ホームカミング』ワールドプレミア
  • エズラ・ミラー-(C)Getty Images
  • エズラ・ミラー/東京コミコン2018「DC COSPLAYERS LEAGUE 2018」
エズラ・ミラー主演のDC映画『The Flash』(原題)に、かつてティム・バートン版でバットマンを演じたマイケル・キートンが出演交渉中と、米「The Wrap」や「The Hollywood Reporter」などが報じている。

同作は、エズラが『ジャスティス・リーグ』に続いてフラッシュ/バリー・アレンを演じる単独映画。いくつもの並行世界が存在する“マルチバース”が描かれる、と言われている。

エズラ・ミラー-(C)Getty Images
マイケル・キートンといえば、ティム・バートン監督の『バットマン』(1989)と続編『バットマン リターンズ』(1992)のバットマン/ブルース・ウェインを演じ、アカデミー賞にノミネートされた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でもフィーチャーされていたが、もし実現すれば、約30年ぶりに同役を再演することになる。

しかも、MCUでサミュエル・L・ジャクソンが演じたニック・フューリーのように、複数のDC映画をまたいでバットマンを演じる可能性もあるとか! ちなみにキートンはMCU『スパイダーマン:ホームカミング』では敵役を好演していた。

『The Flash』の監督を務めるのは、『IT/イット』シリーズを大ヒットさせたアンディ・ムスキエティ監督。今作はマット・リーヴス監督によるロバート・パティンソン主演『The Batman』(原題)への影響はないとされている。

なお、米CWの「THE FLASH/フラッシュ」と「ARROW/アロー」「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「ブラック・ライトニング」のいわゆる“アローバース”のクロスオーバーエピソード「Crisis on Infinite Earths」では、ドラマ版フラッシュのグラント・ガスティンと映画版のエズラが対面するという“奇跡”が起こっていた。


『The Flash』は2022年6月3日に全米公開を予定、2021年春、ロンドンで撮影開始される見通し。
《text:Reiko Uehara》

特集

関連記事

特集

page top