芦田愛菜、髪を30cm以上カット『星の子』ティザービジュアル公開

芦田愛菜6年ぶりの実写映画主演作『星の子』から、ティザービジュアルが到着した。

映画 邦画ニュース
『日日是好日』の大森立嗣監督&スタッフが手掛ける、芦田愛菜6年ぶりの実写映画主演作『星の子』から、ティザービジュアルが到着した。

>>『星の子』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、芥川賞作家・今村夏子による同名小説の映画化。今村氏にとって、本作が初の映像化となる。

原作:今村夏子『星の子』/朝日文庫/芦田愛菜 PHOTO HASEGAWA SATOSHI
主演の芦田さんが演じるのは、あやしい宗教を深く信じている両親のもとで、過酷な青春に翻弄される中学3年生の少女・ちひろ。

今回到着したティザービジュアルでは、そんなちひろが赤く揺らぐ背景の前で真っ直ぐに遠くを見つめる姿が写し出されている。側には、「信じる。愛する。大人になる。」というコピーが添えられ、前を向いて生きようとする彼女の決意が感じられるようだ。

ちひろを演じるにあたり、長い髪を30cm以上カットして撮影に臨んだ芦田さんは「少しずつ自分の環境に違和感を感じつつも、悩みながら素直に物事をうけとめて真っ直ぐに生きている女の子だと思います」と役柄について語っている。

『星の子』は10月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top