「日本沈没2020」本編と異なるオープニング映像公開、主題歌は大貫妙子&坂本龍一

湯浅政明監督「日本沈没2020」の主題歌が、大貫妙子&坂本龍一による名曲「a life」に決定。オープニング映像も到着した。

最新ニュース スクープ
Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners
  • 大貫妙子&坂本龍一
小松左京のベストセラー「日本沈没」を、湯浅政明監督がNetflixオリジナルアニメシリーズとして初のアニメ化に挑んだ「日本沈没2020」。この度、本作の主題歌が、大貫妙子&坂本龍一による名曲「a life」に決定。オープニング映像も到着した。

本作は、現代の日本を舞台に、突然、日常を奪われ過酷な現実を突き付けられながらも、前へ前へと立ち向かっていく主人公・歩たちの希望と再生を描くアニメーション。

今回、本作の主題歌に決定した「a life」は、2010年に大貫さんと坂本さんによって共同制作されたアルバム「UTAU」で発表された楽曲だ。

大貫妙子&坂本龍一
主題歌に決定したことについて大貫さんは「誰かのせいにしたりせず現実と向き合い、姿勢を正し自分の軸をきちんとつくることがこれからの時代を生きていく自分の助けになると思います。歌うということは変わらないけれど、あらたな価値観で力強く生きていこうとするひとのために歌っていきたい」と思いを語り、坂本さんは「あたりまえの日常がどんなに大切か、ぼくたちは知っている」と本作を鑑賞した現在の気持ちを明かしている。

そして、この「a life」が流れるオープニングPVが公開。大貫さんが手掛ける歌詞入りの特別バージョンとなっており、さらに本編とはまたひと味違う、水彩画のような淡いタッチで描かれた、武藤家のある日の風景が映し出される。


湯浅監督は「透明感、日常感がありながらも、地に足がついた素敵な曲でした」と楽曲の印象を語り、「殺伐とした天変地異後の暗い本編とは対照的な、明るい爽やかな朝のルーチンを毎回見る事で、失ったものの尊さを感じてもらえると良いと思いました。朝の光、柔らかい布団や温かい飲み物、自然の風景や小動物のクローズアップを、記憶の中にある様に柔らかいタッチで断片的にオーバーラップしながら、透明感ある白い光の中に描きます」とオープニング映像の演出意図を述べている。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」は7月9日(木)Netflixにて全世界独占配信(全10話)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top