安達祐実の“迫真の演技”に「急にホラー」「闇落ち」と視聴者も恐怖…「捨ててよ、安達さん。」第11話

安達祐実が“本人役”で主演、自身の過去と赤裸々に向かい合うストーリーが話題の「捨ててよ、安達さん。」の第11話が6月26日深夜放送。今回はYOU演じるくたびれた“スウェット”とのやり取りと、安達さんの“恐怖の演技”に視聴者が注目している。

最新ニュース スクープ
「捨ててよ、安達さん。」第11話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第11話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第11話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第11話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
  • 「捨ててよ、安達さん。」第11話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
安達祐実が“本人役”で主演、自身の過去と赤裸々に向かい合うストーリーが話題の「捨ててよ、安達さん。」の第11話が6月26日深夜放送。今回はYOU演じるくたびれた“スウェット”とのやり取りと、安達さんの“恐怖の演技”に視聴者が注目している。

女性向けライフスタイル雑誌の企画で“毎号私物を一つ整理する”連載をすることになった安達さんの夢に、様々な“捨てられないモノ”たちが擬人化して現れる本作。

これまで高校時代のガラケーや最初の結婚指輪、過去の恋人との思い出の品、20代でアルバイトした頃の給与明細などが現れ、子役時代から一線で活躍、紆余曲折を経てきた安達さんの人生を自ら振り返っていくストーリーが、多くの視聴者から驚きと感動の声が上がっている。


出演は安達祐実役の安達さんをはじめ、川上凛子、西村晋弥、新井美羽、梶原ひかり、そして豪華ゲストといった面々。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ドラマがクランクアップ、記念として梶原ひかり(梶原さん)から新しいパジャマをもらった安達さん。着用して眠ると“悪夢”を見てしまい、結局ベッドの下にしまい込む。その夜夢に現れたのは安達さんが15年以上愛用するパジャマのスウェット(YOU)だった。

15年着用したためダルダルになったスウェットはなぜかヒールと革ジャンで現れ「捨ててください」と懇願する。だが安達さんは「あなたはずっと、私のもの」と、妊娠中に着続けたそのスウェットに執着する。すると夢の少女(川上さん)が「不遜だよ」と言い放ち、「子どもは母親のものなの?」「あんたは誰のもの?」と安達さんに問いかける…というのが今回のおはなし。


これまでの“ゆる~い”雰囲気から一転、家族について狂気すら感じる執着をみせる安達さんの様に「安達祐実の可愛いさを堪能するためだけのドラマかと思ったら急にホラー」「安達さんが闇落ちした」「恐い。恐いよ安達さん」「しんみりしてたのに急に怖くなってワロタ」などの声が殺到。迫真の姿に「ご自身の経験もあるから雰囲気が演技じゃなかったりするかも」という声も。

一方、ゲストのYOUさんとのやり取りには「youさんと安達さんの会話のやり取り面白い」「YOUと安達祐実の競演、スゲェわ~」「安達さんもYOUさんもいい演技」と、豪華ゲストとの競演も見どころとなっている本作ならではの感想が多数。

自宅のごみ箱を見つめる安達さんのカットで幕を閉じた今回。それがどんな意味を持つのか。夢に出てくる少女は一体何者なのか? 次週の最終回に注目が集まっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top