謎のヒントに繋がる?『TENET』時間の逆行に迫るビジュアル&最新映像

クリストファー・ノーラン監督が放つ、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』。この度、本作の15秒スポット映像2種類と、新たなビジュアルが公開された。

映画 洋画ニュース
クリストファー・ノーラン監督が放つ、驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』。この度、本作の15秒スポット映像2種類と、新たなビジュアルが公開された。

>>『TENET テネット』あらすじ&キャストはこちらから

本作の公開に先駆けて、本日7月10日(金)より『ダークナイト』のIMAX(R)&4D版が緊急公開される。IMAX(R)版の本編前には、主人公が潜入するあるミッションが描かれる、約6分間の『TENET テネット』プロローグが上映。衝撃的な時間の逆行シーンをはじめ、緊張感あふれるスリリングな展開が待っている。

そんな時間の逆行は、本作の最大の謎のひとつ。横転クラッシュから元に戻るカーアクション、撃った弾が銃に戻っていくという、未来へ向かって進む者と、逆行する者が同じ時間軸で交錯する、この特殊なアクションシーンは、映像合成特有の違和感が見受けられないことから、プロも驚くような撮影方法が取り入れられていると予想されている。

また、公開中の予告編では、ホワイトボードに“ある数式”が描かれており、「リアルにこだわるノーラン監督なら、〈時間の逆行〉に関係するのでは?」とネット上で考察合戦も行われている。

そこで今回、この謎のヒントに繋がるビジュアルと映像が到着。主人公を演じるジョン・デイビット・ワシントン2人がレイアウトされているこのビジュアル。1人はキーアイテム(?)と思わせるマスクを装着している。

『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
そして映像は、「エージェント編」「キーワード編」と題された2本。


主人公に課せられたミッションは、現在から未来に進む時間のルールから脱出すること。時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるのだ。ミッションのキーワードは<TENET(テネット)>。「キーワード編」では、このキーワードを繰り返す声が収録されており、2本とも時間の逆行を感じられるシーンを確認することができる。


『TENET テネット』は9月18日(金)より全国にて公開。

『ダークナイト』は全国のIMAX(R)/4Dにて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top