石原さとみ「今放送することに意味のある作品にしたい」主演ドラマ「アンサング・シンデレラ」今夜から

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が、本日7月16日(木)より放送スタート。初回放送に先駆けてこの度、主演・石原さとみからコメントが到着した。

最新ニュース スクープ
「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
  • 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
連続ドラマ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が、本日7月16日(木)より放送スタート。初回放送に先駆けてこの度、主演・石原さとみからコメントが到着した。

本作は、石原さん演じる萬津総合病院の病院薬剤師・葵みどりが、患者の当たり前の毎日を取り戻すために奮闘する姿を描いていく、患者を支える病院薬剤師たちのヒューマンドラマ。石原さんのほかにも、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、田中圭らが出演している。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
「自粛中は“いつ撮影を再開できるんだろう”という不安がありました」と語る石原さんは、撮影再開し「“もし私自身が油断したらまた撮影が中断して迷惑をかけてしまう”という緊張感、怖さを感じながら撮影に臨んでいます。撮影している時に限らず、プライベートの時間でも気を張っています。それこそ、今は友達に会いたいと思っても、その方がどういう意識を持っていて、どのような対策をしているのかが分からないので。一人一人の自覚の問題だとは思いますが、常に緊張を強いられていますね」と現在の心境を明かす。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
また、撮影休止期間中はプロデューサーやスタッフとやり取りをしていたという石原さん。「視聴者のみなさんに『アンサング・シンデレラ』という作品を忘れられないように“何かしたい”と思っていました」と語り、「さまざまなアイデアを巡らした結果、スペシャル動画の制作を提案させていただきました。それが『葵みどりのお薬講座』(公式HP掲載中)です。そしたら、出来上がった台本がとても長くて・・・(笑)。でも、そういう取り組みもあって、“セリフを覚えて演技をする”ということをステイホーム期間中も忘れることがなくて良かったです」と言い、撮影が再開しても久しぶり感はなかったという。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
そして撮影再開し「撮影が再開したら湾岸スタジオの中が“萬津総合病院”になっていました(笑)」と、これまでロケで撮影していたシーンが、スタジオ内で撮影できるようになったと変化も明かす。共演者との再会については「すごく不思議なんですけど、2カ月間会っていなかったのに前より仲良くなっているんです。キャスト同士の会話もすごく多くなりました」とコメント。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(C)フジテレビ
最後に放送を楽しみに待つ視聴者へ向けて「“お待たせしました”という気持ちでいっぱいです。きっとみなさんも薬剤師や医療従事者の方々への思いが、ステイホーム期間を経て変わったのではないかと思います。私自身、今放送することに意味のある作品にしたいという思いで、日々がんばって撮影しています」と話し、「薬剤師というお仕事は本当に“尊くてかっこいい”ということを伝えたいですし、みなさんを少しでも励ますことができる作品になっていたら良いなと心から思います。話数が進むごとに本当に面白い台本が出来上がっているので、私自身どうなるのかワクワクしています。毎週木曜日はみなさんも一緒にワクワクしていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は7月16日より毎週木曜日22時~フジテレビにて放送。※初回15分拡大
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top