『ミニオンズ』『透明人間』『ワイスピ』…ユニバーサル映画の名作で紡ぐ特別映像上映へ

イギリスやオーストラリア、韓国などで限定的に上映を開始している、ユニバーサル映画の名作で紡ぐ特別映像「リターン・トゥ・シネマ」が、7月17日(金)より日本でも上映が決定した。

最新ニュース スクープ
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021年公開) (C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021年公開) (C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 『透明人間』(C)2020 Universal Pictures
  • 『ドクター・ドリトル』(C) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』TM & (C) 2018 Universal City Studios Productions LLLP and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
イギリスやオーストラリア、韓国などで限定的に上映を開始している、ユニバーサル映画の名作で紡ぐ特別映像「リターン・トゥ・シネマ」が、7月17日(金)より日本でも上映が決定した。

新型コロナウィルスの影響により、各国の映画館では休館や閉鎖を余儀なくされ、未だに再開できない地域も…。この状況を踏まえ、ハリウッドの老舗スタジオ「ユニバーサル映画」が、全世界の映画業界と映画を愛する人々を励ますために、“映画館だからこそ体験できる感動と興奮を思い出して、再び劇場へ戻って来て欲しい”という思いを込めて、同スタジオが生みだした数々の名作の映像を使用した「リターン・トゥ・シネマ」を制作。

『E.T.』の名シーンから始まり、名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『ミニオンズ』、『トロールズ』シリーズなどのアニメ作品はもちろん、現在上映中の『透明人間』や『ドクター・ドリトル』といった新たな作品も登場。

『透明人間』(C)2020 Universal Pictures
さらに、最新作が期待される『ジュラシック・ワールド』や『ワイルド・スピード』といった大ヒットシリーズのシーンが散りばめられ、そして最後は、再び『E.T.』の映像と共に、“映画とこれからも一緒に”というメッセージが伝えられる。


本映像は、すでに劇場が再開している海外で限定的に上映中。状況に応じて今後、順次全世界の劇場で上映していくという。

特別映像「リターン・トゥ・シネマ」は7月17日(金)より全国の劇場(一部劇場を除く)にて上映。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top