市川猿之助「詫びろ」に香川照之「おしまいdeath!」…今週も名言続々「半沢直樹」2話

堺雅人主演、日曜劇場「半沢直樹」の2話が7月26日放送。古巣で親会社の東京中央銀行に案件を奪われた半沢たちが反撃に打って出た今回も市川猿之助の「詫びろ」連呼に、香川照之の「おしまいdeath!」といった“名言”に多くの視聴者が注目している。

最新ニュース スクープ
「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
  • 「半沢直樹」第2話 (C) TBS
堺雅人主演、日曜劇場「半沢直樹」の2話が7月26日放送。古巣で親会社の東京中央銀行に案件を奪われた半沢たちが反撃に打って出た今回も市川猿之助の「詫びろ」連呼に、香川照之の「おしまいdeath!」といった“名言”に多くの視聴者が注目している。

東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が銀行内の数々の不正を明らかにするが、結局子会社への出向を命じられるまでを描いた前シーズンは半沢の「倍返し」が流行語になるなど大ヒット。それから7年を経て帰ってきた今シーズンでは、子会社である出向先の東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢が、大口の買収案件を親会社の東京中央銀行に奪われるという事態が発生する。


半沢直樹役の堺さんをはじめ、結婚を期に専業主婦となった半沢の妻、花に上戸彩。半沢に不正を暴かれたが銀行に居残った大和田暁に香川さん。半沢を恨み続ける東京中央銀行の伊佐山泰二に市川さん。陰で半沢を支える渡真利忍に及川光博。東京セントラル証券のプロパー社員、森山雅弘に賀来賢人。買収に巻き込まれたスパイラル社長、瀬名洋介に尾上松也。



そのほか今田美桜、山崎銀之丞、角田晃広、戸次重幸、南野陽子、古田新太、井川遥、北大路欣也(特別出演)といった面々が出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


電脳雑伎集団によるスパイラル買収案件を東京中央銀行に横取りされ、銀行に逆襲を誓う半沢と森山。スパイラルは新株発行でこの難局を乗り越えようとするが、新株を買い取るホワイトナイトに名乗りを上げたのは瀬名の憧れの存在でもあるIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)だった。しかし半沢らはフォックスが新株引受に必要な1000億を確保できそうもないことから、何か裏があると考える。


実はスパイラルのアドバイザーである大洋証券、フォックス、東京中央銀行は裏でつながっていた…というのが今回の物語。

今回も市川さん演じる伊佐山の“絶叫”に視聴者が大きく注目。半沢を本社に呼び出し「詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ半沢~!」と連呼するその様に「詫びろ詫びろコールはもはや歌舞伎」「伊佐山さんの詫びろ詫びろ詫びろ~がツボでした」といった声が殺到。

また前回「施されたら施し返す、恩返しです!」という新たな“名言”を生み出した大和田の「君はもう、お、し、ま、い、death!」のセリフにも「おしまいdeathは何回見ても笑う」「おしまいDEATH。名言決定(笑)」「大和田常務、名言(?)ストックいくつあるんや、、笑」など多くの視聴者が大きく盛り上がっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top