眞島秀和「おじカワ」、新川優愛「ギルティ」からバトンタッチ「ほっこりするドラマを」

新川優愛主演で放送中のプラチナイト 木曜ドラマF「ギルティ~この恋は罪ですか?~」が8月6日(木)最終回を迎え、来週8月13日(木)からは眞島秀和主演「おじさんはカワイイものがお好き。」がスタート。この度、新川さんから眞島さんのバトンタッチが行われた。

最新ニュース スクープ
「ギルティ」「おじカワ」バトンタッチ
  • 「ギルティ」「おじカワ」バトンタッチ
  • プラチナイト木曜ドラマF「ギルティ~この恋は罪ですか?~」
  • 町田啓太&小池徹平「ギルティ~この恋は罪ですか?~」
  • 「ギルティ~この恋は罪ですか?~」
  • 丘上あい 『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』 (講談社 ビーラブKC)(C)丘上あい/講談社
  • 「おじさんはカワイイものがお好き。」
  • 眞島秀和&ツトム「おじさんはカワイイものがお好き。」書影
新川優愛主演で放送中のプラチナイト 木曜ドラマF「ギルティ~この恋は罪ですか?~」が8月6日(木)最終回を迎え、来週8月13日(木)からは眞島秀和主演「おじさんはカワイイものがお好き。」がスタート。この度、新川さんから眞島さんのバトンタッチが行われた。

4月にスタートし、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのおよそ2か月間の放送休止を経た物語が、今夜いよいよフィナーレ。登場人物が全員裏切り者という“ドロドロ”と、初恋の人への秘めたる思いが燃え上がる“キュンキュン”が交錯する“ドロキュン”な展開が、予測不能な物語を紡ぎだし毎週視聴者を悶絶させてきた。最終回にはドラマオリジナルの結末が用意されているという。

そして同枠では、来週から新ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」がスタート。こちらは打って変わって、心を癒す“ほっこり”コメディ。主人公は渋くて紳士的、さらには仕事もできるイケオジ課長・小路三貴。「カワイイものが好きすぎる」というヒミツがある。それを致命的な機密のように抱えながら生きるイケオジ・小路の葛藤と同志たちの交流を描くコメディドラマ。イケオジたちがカワイイものを愛でまくるギャップに、悶絶することになりそう。

「おじさんはカワイイものがお好き。」
7月某日に行われたバトンタッチでも、2人が掲げたそれぞれの台本を見比べるだけでも、2本のドラマのギャップがうかがい知れる。

「ギルティ」主演・新川さんは「9話でもドロキュンがまったく止まらず、『もう次で終わり?』と思ったくらい」と告白し、「10話で登場人物みんなの運命、歩む方向がどこに行くのか、さらに爽と秋山はどうなるのか…?10話は全てが見どころです!」と力強くコメント。

一方、「おじカワ」の眞島さんは「43歳のおじさんが可愛いパグ太郎を愛でる気持ちをひた隠しにして生きているという、とてもあたたかいドラマです。いい歳したおっさん同士が心を開いて『推し』を共有していくなど、とにかくほっこりするドラマをお届けするので楽しみにして」とアピールした。

「ギルティ」最終回のあらすじ


遊園地デートを楽しんだ爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)だったが、お互いに離れたくない思いを抱きながらも2人は別れの時を迎える。秋山は瑠衣(中村ゆりか)に家族として寄り添っていく決意を固めていたのだ。さらに瑠衣は秋山を呼び出し、爽と秋山を永遠に引き離すためのある行動を起こそうとする――。

爽への狂気じみた復讐の想いを膨らませる瑠衣、そんな瑠衣への憎悪が燃え上がる寺嶋(神尾楓珠)、爽のことを想い行動を起こす一真(小池徹平)、そしてお互いの想いを告げられないでいる爽と秋山。登場人物全員の想いが複雑に絡まったまま突入する最終回。それぞれの運命はどこに行くのか…?

「ギルティ~この恋は罪ですか?~」第10話は8月6日(木)23時59分~読売テレビ・日本テレビ系にて放送(最終回)。

「おじさんはカワイイものがお好き。」は8月13日より毎週木曜日23時59分~読売テレビ・日本テレビ系にて放送(全5話予定)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top