佐藤浩市&石田ゆり子ら緊迫感溢れる重要シーンに参加『サイレント・トーキョー』現場レポ

映画『サイレント・トーキョー』から、佐藤浩市、石田ゆり子、井ノ脇海らが参加し昨年11月~12月にかけて行われた重要シーンの撮影現場の模様が到着。

最新ニュース レポート
『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』 キャスト
  • 『サイレント・トーキョー』 (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 『サイレント・トーキョー』 (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
  • 秦建日子「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊) 
主演の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らが、「アンフェア」原作・秦建日子×「SP」監督・波多野貴文の最強タッグのもと豪華共演をする『サイレント・トーキョー』。この度、昨年11月~12月にかけて行われた“連続爆破テロ事件「第一事件現場・恵比寿」”の撮影現場の模様が到着した。

>>『サイレント・トーキョー』あらすじ&キャストはこちらから

この日の撮影は、事件の始まりを知らせる重要なシーン「第一事件現場・恵比寿」。連続爆破テロ予告の情報を得たテレビ局契約社員の来栖公太(井之脇海)と、来栖の先輩・高沢雅也(金井勇太)が、ベンチに1人佇む主婦・山口アイコ(石田ゆり子)と出会い、事件に巻き込まれてしまう。

『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
そして爆弾騒ぎでパニックに陥る人々、異様な好奇心を持ち群がる野次馬にまぎれ、一連の爆破テロ事件の容疑者となる朝比奈仁(佐藤浩市)が意味深に言葉をこぼす…というシーン。

クリスマスの煌びやかな雰囲気と、静かに忍び寄る狂気が混在する本作ならではの世界観を表現した名場面の一つだ。

撮影では約10mの巨大なクリスマスツリーをはじめ、隅々までクリスマス要素溢れる美術が施され、都内某所の大型商業施設を恵比寿のファッションビルに見立てて実施。約12mの大型クレーンカメラを導入し、2日間で約400人ものエキストラを要する大規模な撮影となった。

『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
佐藤さんは撮影現場全体が見渡せる場所で、監督・スタッフたちと入念に打ち合わせ。カメラ位置、自身の目線の動きなどの確認を何度も行い、撮影が始まると、カメラに映し出される姿はもちろんカメラフレーム外でも、その静かな佇まいは、疑惑の人物として圧倒的な存在感を醸し出していた。

『サイレント・トーキョー』レポ (C)2020 Silent Tokyo Film Partners
また、石田さんや井之脇さん、金井さんは、突如巻き込まれた爆破テロへの困惑を絶妙な具合で表現するべく打ち合わせとテストを重ね、幸せな雰囲気から一転、恐怖に見舞われる人物たちの緊迫感溢れるシーンを完成させていた。

『サイレント・トーキョー』は12月4日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top