クォン・サンウ 「生死をかけて作りました」『鬼手』アクション満載メイキング映像

クォン・サンウが全てを失った孤高の天才棋士を演じ、彼の復讐を描くバイオレンス・ノワール『鬼手』が現在公開中。この度本作のインタビューを含む特別映像とメイキングスチールが公開された。

韓流・華流 スクープ
『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
  • 『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
クォン・サンウが全てを失った孤高の天才棋士を演じ、彼の復讐を描くバイオレンス・ノワール『鬼手』が現在公開中。この度本作のインタビューを含む特別映像とメイキングスチールが公開された。

>>『鬼手』あらすじ&キャストはこちらから

映像では、自身の演じるキャラクターグィスについてクォン・サンウが「前作『神の一手』で隣の独房にいるテソク(チョン・ウソン)に碁を教えました」と説明する場面から始まり、師匠ホ・イルドが教える心の中で座標を暗記する“目隠し碁”、賭け碁に狂う釜山の雑草の特技である“早打ち”、霊を操る長城の占い師が仕掛ける透明な碁石で打つ“一色碁”など、キャストの説明とともに各キャラに合わせたその奇想天外な囲碁対決が続く。

『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
また見どころのひとつであるアクションシーンについては、グィスへの復讐に執着するウェトリ役のウ・ドファンは「子供の頃、サンウさんの作品を見ていた。アクションへの情熱がすごい」と言い、現場でそのアクションをモニタリングし思わず感嘆の声をあげる映像も登場。

アクション監督も「素質がある」と絶賛し、その凄さを説明。クォン・サンウは「3カ月ほど体重を管理し、まるでグィスのように修練しました」と役作りを明かしている。

そして最後には、「見て後悔はしません」「人生の活力をもらえます」「生死をかけて作りました」とそれぞれが自信をみせるコメントを寄せている。


またメイキングスチールでは、闘いの舞台となる線路上や工場の高所など奇抜なロケーションでの様子や、モニターを見つめるクォン・サンウらキャストの表情など、リラックスした笑顔も写し出されている。

『鬼手』メイキング(c)2019 CJ ENM CORPORATION, MAYS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED
『鬼手』はシネマート新宿ほか全国にて順次公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top