『君の名前で僕を呼んで』に感銘受けたグザヴィエ・ドラン、新作への影響とは?

グザヴィエ・ドランは最新作『マティアス&マキシム』で純粋なラブストーリーを初めて描くにあたり、『君の名前で僕を呼んで』に強い感銘を受けたことを明かしている。

映画 洋画ニュース
『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
  • 『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
  • 『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
  • 『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture
  • 『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
  • 『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
  • 『マティアス&マキシム』ポスター (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
グザヴィエ・ドランが原点回帰で描く、2人の青年の友情と恋心に焦点を当てた最新作『マティアス&マキシム』。ドランは本作でまっすぐなラブストーリーを初めて描くにあたり、『君の名前で僕を呼んで』に強い感銘を受けたことを明かしている。

>>『マティアス&マキシム』あらすじ&キャストはこちらから

恋と友情の狭間で揺れる幼なじみの青年、マティアスとマキシムを描いたドラン。1980年代の北イタリアを舞台に2人の青年が恋に落ちる『君の名前で僕を呼んで』を観た後、「しばらく動けないほどに感動した。そして僕自身の20代の頃を思い返した」と語る。

『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture『君の名前で僕を呼んで』
「ラブストーリーを描くことを強くインスパイアされた。過去に、ラブといっても自己愛や自己愛の喪失は描いたことがあったけど、二人の人間の、真っ向からの真のラブストーリーを描くのは今回が初めて。『君の名前で~』が僕にそうさせたんだ」と強く感銘を受けたことを明かしている。

エリオを演じたティモシー・シャラメとも交流のあるドランは、「『君の名前で~』を見た時、僕は君のことを知ってるような気がした」と、キャラクターと演者と観客の境界を超えてくるシャラメの演技を高く評価。シャラメもドランの大ファンであることを公言しており、互いにリスペクトしあっている関係性がうかがえる。

『君の名前で僕を呼んで』(C)Frenesy, La Cinefacture『君の名前で僕を呼んで』
そして、ドランはこの名作に応えるように現代を生きるマティアスとマキシムの等身大の物語を誕生させた。自らマキシムを演じ、誰かを好きになることの喜びや切なさを体現している。同じく愛の物語を描いただけではなく、メインビジュアルにもなっているカメラ越しのキスシーンをはじめ、本作ではマティアスとマキシムの赤と青の衣装が印象的。それは『君の名前で僕を呼んで』のエリオとオリヴァーを彷彿とさせるもの。

『マティアス&マキシム』 (C)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL『マティアス&マキシム』
オリヴァーが旅立つ時に、自分が着ていた青いシャツをエリオに贈るという心打つエピソードがあったが、本作もそれぞれの想いや恋する視線など、2人の切なくも愛おしい関係性が服の色でも表現されているので注目してほしい。

『マティアス&マキシム』は9月25日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top