香港と中国大陸を越境する女子高生のリアル描く『THE CROSSING』秋公開

第14回大阪アジアン映画祭(OAFF2019)コンペティション部門出品作として日本初上映された中国映画『過ぎた春』(原題:過春天)が、新たに『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』として今年の秋に公開決定。予告動画とビジュアルが解禁された。

韓流・華流 スクープ
『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』(C)Wanda Media Co., Ltd
  • 『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』(C)Wanda Media Co., Ltd
  • 『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』(C)Wanda Media Co., Ltd
  • 『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』ビジュアル(C)Wanda Media Co., Ltd
第14回大阪アジアン映画祭(OAFF2019)コンペティション部門出品作として日本初上映された中国映画『過ぎた春』(原題:過春天)が、新たに『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』として今年の秋に公開決定。予告動画とビジュアルが解禁された。

本作は、深センと香港を「越境通学」する女子高生の物語。父親が香港人、母親が中国人の16歳高校生ペイが毎日、深センからボーダーを越えて香港の高校に通うところから始まり、親友との北海道旅行を夢見てスマホ密輸グループに巻き込まれていく。

『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』(C)Wanda Media Co., Ltd
1997年に香港が中国に返還されて以来、香港と隣接する経済特区・深センとの経済往来が頻繁になり、香港人が深センに愛人を作ることが多かったという。主人公のペイは、こうした背景の中で生まれ、深センに家を置きながら香港のIDを持ち、小さい頃から「越境通学」をしている。

さらには、中国の一国二制度により、香港では関税の優遇措置が講じられ、それによりスマホや化粧品、ベビー用品などの商品が割安なため、香港の商品を大陸へ密輸する商売も生まれていた。

二つのアイデンティティを持ち、引き離された文化の中に生きている主人公のペイ。現代社会で起きている様々な“越境問題”を重ねながら、青春の瑞々しさと揺らぎをビビッドな音楽と共に表現し、いままで中国映画であまり描かれることのなかった思春期の輝きや脆さ、香港と中国大陸の現状をリアルに描き出している。


2018年第43回トロント国際映画祭でのワールドプレミア以来、2018平遥国際映画祭「Fei Mu Awards最優秀作品賞」受賞、OAFF2019「来るべき才能賞受賞(監督)」など、数多くの賞を受賞し、女性監督・白雪(バイ・シュエ)の初長編作として注目を浴びた。

主演を演じるのは、中央戯劇学院を卒業したばかりの新人女優・黄堯(ホアン・ヤオ)。エクゼクティブプロデューサーは、『青い凧』『狩り場の掟』『盗馬賊』などの監督作品を持つ田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)。

『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』ビジュアル(C)Wanda Media Co., Ltd
先日、日本語吹き替え版の制作が決定した中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』や、『白蛇:縁起』『モフれる愛』を配給したチームジョイ株式会社が配給する。

『THE CROSSING ~香港と大陸をまたぐ少女~』は今秋、公開予定。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top