横浜流星、キスシーンでの“手の美しさ”に注目集まる「私たちはどうかしている」5話

浜辺美波と横浜流星が初共演でW主演する「私たちはどうかしている」の5話が9月9日放送。今回は浜辺さんとのキスシーンでみせた横浜さんの手の美しさに話題が集中。さらに山崎育三郎演じる多喜川の学生服姿に再びSNSが盛り上がっている。

最新ニュース スクープ
「私たちはどうかしている」第5話 (C) NTV
  • 「私たちはどうかしている」第5話 (C) NTV
  • 「私たちはどうかしている」第5話 (C) NTV
  • 「私たちはどうかしている」第5話 (C) NTV
  • 「私たちはどうかしている」第5話 (C) NTV
浜辺美波と横浜流星が初共演でW主演する「私たちはどうかしている」の5話が9月9日放送。今回は浜辺さんとのキスシーンでみせた横浜さんの手の美しさに話題が集中。さらに山崎育三郎演じる多喜川の学生服姿に再びSNSが盛り上がっている。

15年前、老舗和菓子屋・光月庵で若旦那が何者かに殺される。彼の息子が犯人と指さしたのは、住み込みで働いていた女性職人。容疑者として逮捕されその後亡くなった彼女には幼い娘がいた。その娘・七桜と若旦那の息子・椿は互いに初恋の相手だったにも関わらず、事件がきっかけとなって離れ離れに。

それから15年、修行中の和菓子職人となった七桜は椿と再会。椿は七桜の正体に気づかぬままプロポーズ、七桜は母の無実を証明するため椿の妻として光月庵に乗り込むが…というストーリーの本作。

浜辺さんが花岡七桜を演じ日本テレビドラマ初主演を果たすほか、クールだが不器用さもあわせ持つ高月椿に横浜さん。そのほか見習い職人の城島裕介に高杉真宙、椿に婚約破棄された長谷栞に岸井ゆきの、七桜の素性を知る多喜川薫に山崎育三郎、七桜の母・大倉百合子に中村ゆり、殺害された若旦那の樹に鈴木伸之、光月庵の大旦那・宗寿郎に佐野史郎、七桜に執拗な嫌がらせを繰り返す光月庵の女将・高月今日子に観月ありさといったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は七桜に妊娠が発覚、結婚式に七桜の母を演じていた夕子(須藤理彩)を呼びたい椿の姿を見た七桜は、椿にすべてを打ち明けようと決めるが言い出せないまま、椿は東京に出張に向かう…というストーリーが展開。


東京に向かう前、「俺に付き合ってくれ、行っておきたいところがある」と椿は七桜をある場所に連れていく。そこではたくさんの蛍が舞っており、自分の素性を明かそうとする七桜に椿は“お互いを少しづつ知っていけばいい”と自らの想いを語ると「1つだけ、今言っておきたいことがあった」と続け、「七桜、お前が好きだ」とキスをする。


SNSではキスシーンで波辺さんの後頭部を抱き寄せる横浜さんの手の美しさが話題に。「キスするときの手まで綺麗すぎてズルい」「キスシーン手が良すぎた」「頭支えてる右手がいい!」「横浜さんの指綺麗すぎ」「指がお綺麗」などの声が殺到。

その後、自分が樹の娘であることを知った七桜は、椿が自分を憎む理由もまた理解し、光月庵を出ていくことに決め多喜川のもとを頼る。すると多喜川は15年前を振り返って、もっと百合子のことを知ればよかったと後悔の念をにじませる…回想シーンで再び登場した高校時代の多喜川の姿にも注目が集まってた。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top