新垣結衣演じる幸子の“過去”とあの作品との“リンク”にSNSが盛り上がる…「親バカ青春白書」最終回

ムロツヨシと永野芽郁が親子役で共演、中川大志、新垣結衣らが出演する「親バカ青春白書」が9月13日の放送でフィナーレを迎えた。最終回で明かされた新垣さん演じる幸子の“過去”とあるドラマとの“リンク”にSNSが大きく盛り上がっている。

最新ニュース スクープ
「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
  • 「親バカ青春白書」第7話 (C) NTV
ムロツヨシと永野芽郁が親子役で共演、中川大志、新垣結衣らが出演する「親バカ青春白書」が9月13日の放送でフィナーレを迎えた。最終回で明かされた新垣さん演じる幸子の“過去”とあるドラマとの“リンク”にSNSが大きく盛り上がっている。

最愛の妻を亡くし男手一つで娘を育て上げるも、その娘が共学の大学に進学することを心配して、自分も同じ大学に入学してしまう小説家の小比賀太郎(おびかたろう)=通称“ガタロー”をムロさんが演じ、純真無垢、亡き母の梅干しの味を引き継ぎ料理が得意、大学で初めて共学となった箱入り娘のさくらに永野さん、大学時代にガタローと結婚、さくらが幼い頃に故人となった幸子に新垣さん、元ヤンだったが猛勉強の末大学に入学、ガタローの小説の大ファンでさくらと交際している畠山雅治=ハタケに中川さん、ガタローに想いを寄せるようになる衛藤美咲に小野花梨。また今田美桜、中川大志、戸塚純貴、野間口徹といったキャストが出演した本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
美咲がガタローにキスしたことに衝撃を受けたさくらは、日常生活に支障をきたすほど動揺。料理の味もおかしくなって、ハタケの言葉も耳に入らない。そんなさくらの様子を見てハタケはショックを受け、美咲とさくらの間に“バトル”が勃発する。


そんななか、さくらの異変にいち早く気づいたガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京、さくらからガタローのことを相談された多恵は、意外な幸子の過去を明かす。それは美咲同様、幸子も高校時代は荒れていたが、一念発起して大学に入学したという事実だった…というのが今回のストーリー。

そして画面に映し出されたのは赤い特攻服に身をつつんだ高校時代の幸子の姿…「不良ガッキー、マジで美が過ぎる!」「不良姿さえもかわいい。何しても可愛い。最強」などの声が続々とSNSに投稿されるなか、幸子が高校時代、弁護士の先生から「東大に行け!」と言われ勉強に目覚めた…という過去が語られる。


さくらも「どっかで見たことがある」と思わずつぶやいた幸子の“過去”に「ガッキー不良で弁護士が来て、東大行け!ってwww私も、何処かで見たよwww」「ガッキーが元ヤンからの東大入学、弁護士が不良高校に来て東大に生徒を入れるって完全ドラゴン桜」「ドラゴン桜で阿部寛に東大行けって言われて、ガッキーが東大行ってムロツヨシと結婚したのねwwww」といった反応が続出。

まさかの別作品とのリンクに視聴者から大きな反応が集まっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top