『望み』堤真一演じる“建築デザイナー”の自宅公開「夫婦の思いの違いが現れている」

映画『望み』で、堤真一が演じる主人公の建築デザイナーが設計した石川邸の全容が明らかになった。

映画 邦画ニュース
『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
  • 『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
堤幸彦監督のもと、痛快なコメディ作品からクラシカルな文芸大作の舞台もこなす日本を代表する名優・堤真一が主演を務める『望み』。この度、堤さんが演じる主人公の建築デザイナー・一登が設計した石川邸の全容が明らかになった。

>>『望み』あらすじ&キャストはこちらから

石川家には、堤さん演じる一登と妻の貴代美(石田ゆり子)、息子の規士(岡田健史)、娘の雅(清原果耶)の4人が暮らしている。一登は自宅をモデルルームとしてクライアントに披露したり、貴代美も在宅で校正の仕事を持ち、高1の規士も部活動に励み、中3の雅も名門校受験に向け準備を進めていた。

立派な邸宅に住むその家族は、一見、誰もがうらやむほどの完璧な家族だった。しかし、そんな一家がとある事件をきっかけにバラバラになっていく――。

『望み』 (C)2020「望み」製作委員会
今回解禁された石川邸は、実際に人が住んでいる家の外観を借りて撮影。室内は角川大映スタジオに作った。

『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
芝居場はほぼセットの石川邸の1階。美術の磯見俊裕が、ダイニングを中心にアイランドキッチン、一登がくつろぐソファ、貴代美の仕事場、2階に上がる階段全てが仕切りのないワンルームとして、俳優もカメラも自由に動けるように空間を生かしてデザイン。

『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
ダイニングの背もたれのないベンチも俳優の動きやすさを重視したもの。原作小説で微細に描きこまれた登場人物の心理や室内の描写がセットでも表現されている。

広告の後にも続きます
「たとえば、ダイニングテーブルは250万円、ソファは150万円もする高級品。あまりに凝ったもの過ぎて家族には使いづらいが、設計士としての一登のこだわり」と磯見さん。「金属の階段や、設計事務所の外壁と門扉とリビングの壁が同じ素材を使ったデザインになっていることなど、一登の美意識で統一された家には夫婦の思いの違いが現れている」と考えたという。

『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
さらに、東、西、南に窓を設け、刻一刻と移り変わっていく時間の経過を光で表現。整理整頓の行き届いたこだわりの石川家だが、事件をきっかけに崩れていく日常を反映するように、少しづつ家の様子や食卓の質も荒れていく。石川邸が映し出す、家族それぞれの感情の揺らぎも注目のポイントとなりそうだ。

『望み』石川邸 (C)2020「望み」製作委員会
『望み』は10月9日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top