韓国ミニシアターでヒット!女性監督が贈る『チャンシルさんには福が多いね』1月公開

ホン・サンス監督のプロデューサーとして長らく活動してきたキム・チョヒの待望の長編監督デビュー作『チャンシルさんには福が多いね』が、2021年1月8日(金)より公開されることが決定した。

韓流・華流 スクープ
『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
  • 『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
  • 『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
  • 『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
ホン・サンス監督のプロデューサーとして長らく活動してきたキム・チョヒの待望の長編監督デビュー作『チャンシルさんには福が多いね』が、2021年1月8日(金)より公開されることが決定した。

『はちどり』のキム・ボラ、『君の誕生日』のイ・ジョンオン、『82年生まれ、キム・ジヨン』のキム・ドヨンなどなど、新風を巻き起こす女性監督たちの台頭が著しい韓国映画界で、その最前線グループに陣取るキム・チョヒ。『自由が丘で』『ソニはご機嫌ななめ』などのホン・サンス作品でプロデュースを担当した。

自身の体験を投影して監督した本作は、プロデューサーとしてずっと支えてきた映画監督が急死したことで失職し、何もかも失ってしまったチャンシルが主人公。映画だけに捧げてきた人生、気がつけば家も男も子どももなし、青春さえも棒に振ってきた彼女にある日、思わぬ恋の予感が訪れる…といった、オフビートなコメディー。

『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
第24回釜山国際映画祭にて韓国映画監督組合賞・CGVアートハウス賞・KBS独立映画賞の3冠を達成。主演のカン・マルグムも韓国のゴーロデングローブ賞と呼ばれる「百想芸術大賞」で映画部門女性新人演技賞を受賞する高評価を得た。14年間、演劇界で実力を磨いてきた彼女は、本作をきっかけに“忠武路(韓国映画界の別称)のニューフェイス”として注目を集めている。

また、日本でもNetflixで配信され話題となった「愛の不時着」で「耳野郎」と呼ばれる盗聴係を演じたキム・ヨンミンが、自分は某香港大スターだと言い張る男の役で出演している。

『チャンシルさんには福が多いね』 (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyLikeFilms
劇場公開に先行して今年上映された大阪アジアン映画祭、あいち国際女性映画祭では、チケットが早々に完売するなど、日本国内でも韓国通や映画ファンから大きな話題を集めていた本作。

今回、日本での公開決定を受けて、キム・チョヒ監督、カン・マルグム、そしてキム・ヨンミンからコメントが到着している。

広告の後にも続きます

キム・チョヒ監督


来年1月に私の映画が公開されると伺いました。私はとても日本の皆さんにお会いしたいと願っています。だって私が最も尊敬する小津安二郎監督の国なのですから。当然ではありませんか!そして、私の映画を観て感じたことを皆さんに直接聞いてみたいです。その夢が実現することを願っています。

カン・マルグム(チャンシル役)


日本では1月に『チャンシルさんには福が多いね』が公開されると伺いました。チャンシルたちと一緒に福いっぱいの2021年がスタートすることを願っています。ありがとうございました。

キム・ヨンミン(香港スターの幽霊役)


『チャンシルさんには福が多いね』は、個性的なキャラクターを通して、暖かい癒しを与えてくれる映画です。この映画を見て、チャンシルと同じように、日本の皆さんに新たな出会いがあることを願っています。

『チャンシルさんには福が多いね』は2021年1月8日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷・ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top