アン・ハサウェイが魔女を演じる『The Witches』の予告編公開 ロバート・ゼメキス監督作

ハロウィーン時期の鑑賞にぴったりな『The Witches』(原題)の予告編が公開された。

最新ニュース ゴシップ
『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
  • 『The Witches』(原題) (C) APOLLO
ハロウィーン時期の鑑賞にぴったりな『The Witches』(原題)の予告編が公開された。今作は、ロアルド・ダールの児童文学「魔女がいっぱい」を、ロバート・ゼメキス監督が映画化したもの。

舞台は1967年のアラバマ州デモポリス。ある少年(ジャージア・ブルーノ)が、この街に住む祖母(オクタヴィア・スペンサー)のもとに引っ越してきた。2人は平穏で楽しい生活を送っていたが、あるとき少年が子ども嫌いな魔女軍団の集会を目撃してしまい、ねずみに変えられてしまう。魔女軍団は街の全ての子どもたちをねずみに変えようと画策していたのだ。幸いにも、ねずみの姿であっても祖母に孫であることを分かってもらえた少年。予告編では、孫のために祖母が魔女軍団を率いるグランド・ハイ・ウィッチ(アン・ハサウェイ)と対峙する場面もある。


「魔女がいっぱい」は1990年にニコラス・ローグ監督が『ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!』として映画化(日本では劇場未公開)しており、アンは同作でアンジェリカ・ヒューストンが演じた魔女役を演じている。

ナレーションをクリス・ロックが担当しているほか、スタンリー・トゥッチ、クリスティン・チェノウェスらが出演。

当初は10月9日に全米公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受け10月22日に「HBO Max」で配信、10月28日に劇場公開という形をとることになった。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top