綾野剛、北川景子には「とても敵わない」『ドクター・デスの遺産』の最強バディをふり返る

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の完成を記念したプレミアイベントに主演の綾野剛と主題歌を担当した[Alexandros]が登壇。

最新ニュース レポート
『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
  • 『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
数多くの映画・ドラマで幅広い役柄を演じ分ける綾野剛が主演、共演に北川景子を迎え、警視庁捜査一課No.1コンビと安楽死を手口とするドクター・デスとの息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出す『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』。この度、本作の完成を記念したプレミアイベントに主演の綾野さんと主題歌を担当した[Alexandros]が登壇した。

>>『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』あらすじ&キャストはこちらから

「このミステリーがすごい!」大賞受賞作家の中山七里の大人気原作「ドクター・デスの遺産」が初の映画化となる本作。刑事・犬養隼人を演じた綾野さんは、「禁断の内容を扱っていますし、こういった内容のものを自分たちがどう表現していくのか、センシティブな内容ですからね。それでも、純粋な気持ち、誰かを守りたい、生き続けようという気持ちが脚本に書いてあったので、北川さんとコンビを組むなら乗り越えられるんじゃないかと思い、参加させていただきました」と、本作でバディを組む北川さんについてコメント。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
その犬養と最強バディである捜査一課の刑事・高千穂明日香を演じた北川さんについて、「とにかく安心感があります。とても聡明な方で、なかなか一言じゃ成立しないセリフもバシッと決めるんです。それを見て大丈夫だと思いました。とても敵わないなとも思いました。普段はチャーミングな方なんですけど、高千穂を演じる時のスイッチの入りは凄いなって思いました」と、北川さんの現場での凄さを語った。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
綾野さんは「MIU404」をはじめ、これまでにも警察官役を演じているが、警視庁捜査一課で検挙率NO.1の犬養を演じる上での役作りについて「犬養はクレバーな男性ですけど、協調性もあるんです。大人な男性で、組織の中でチームを組み、個人の能力ではなく集団で一緒になって成し遂げることを大切にしました」と語る。

「北川さん以外のキャストさんとも意見交換しコミュニケーションをとりながらチームを作っていきました。ドクター・デスと呼ばれる犯人に、どのようにたち向かっていくのかという部分もチーム一丸となって作り上げました」と役作りについて明かした。

次に、主題歌を担当した[Alexandros]が登場し、本作の主題歌「Beast」を生演奏。本イベントでしか見ることのできない特別なライブを見るべく、数多くの応募の中から当選した一般参加者もリモート参加し、会場を一緒に盛り上げた。この迫力のあるライブを受けて綾野さんは「生演奏を体感するのは久しぶりなので最高でした。この楽曲が入ったことによって、映画で表現しきれていない部分をバシッと締めてくれました」と大絶賛。

広告の後にも続きます
『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
また、[Alexandros]のボーカル・川上洋平は本作を、「仕事の話を忘れるくらい映画に夢中になりました。スリリングな映画で、今までにないバディ感があって、そしてこの犬養と高千穂の凸凹感って新しいなと思い、新鮮に楽しめました」とコメント。ベースの磯部寛之は「題材としては深いテーマですね」と語り、「良い意味で、テンポが良く知識のない私たちにも見やすく、色々考えさせられる映画でした。皆さんの演技が素晴らしくて本当に楽しめました。今の状況だとなかなか剛ちゃんとも会えなくて、やっと会えました」と普段から親交のある綾野さんにもコメントした。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』プレミアイベント(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
さらに、今回リモート参加者からの質問にも答えた綾野さんは、“北川さんからビンタされた時のエピソード”を「実際にビンタを当てることを戸惑っていました。『綾野さんの顔を叩けません!』と仰っていたんですけど、早すぎて見えないくらいのビンタがきました。それでも劇中、あのビンタが大きなきっかけを作るんです。大切なシーンで北川さんが思いっきりビンタしてくれたおかげで目が覚めるんです」と、予告編でも印象的なシーンの撮影の裏側を明かす。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
[Alexandros]への“作品のどういうところにインスピレーションを受けて主題歌を作ったのか?”という質問に、川上さんは「安楽死の是非を問うということを見ている人に問いかけてくる映画ですよね。こういうモヤモヤをどういう風に消化すればいいのかとずっと思っていたので今回はとてもいい機会でした。どういう歌詞を書けばいいのか、悩みましたが、自分なりの回答を歌詞にしました。映画を見て歌詞と照らし合わせて欲しいです」とコメント。

次に綾野さんに、“役柄の切り替えについて”の質問がされると、「切り替えとかはしていないです。今まで演じてきた役はいまだに僕の中で生きています。その現場に行くと、その現場に流れているムードや気概が見つかるので、役については現場で切り替えられている気がします」と、綾野さんなりの役へ切り替えを語った。

最後に「大変な時期で、何も収束してない中で歩みを止めないでやってきたことが形になろうとしています。エンタメを届け続けるためにもみんなで協力して立ち向かっていきたいです。本作も僕の中で大切な作品になりました」と綾野さん。「まだ発表されていないキャストがいますけど、とても素晴らしい方達です。本編を見た人にしかわからないキャストになっていますので、ぜひご覧ください」と熱いメッセージと見どころを明かしてくれた。

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』は11月13日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top