母と幼い息子の必死の会話…『おもかげ』ワンシーンワンカットの冒頭映像公開

『おもかげ』の冒頭シーンにもあたる、約18分の短編作品『Madre』(原題)から冒頭約5分の映像が先行解禁。

映画 洋画ニュース
『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
  • 『おもかげ』(C)Manolo Pavon
2019年アカデミー賞にノミネートされたワンカットの短編作品の“その先”を描き、第76回ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門・女優賞を受賞した『おもかげ』。この度、本作の基となった約18分の短編作品『Madre』(原題)が公式サイトで期間限定で無料公開決定。『おもかげ』の冒頭シーンにもあたる、短編の冒頭約5分の映像が先行解禁された。

>>『おもかげ』あらすじ&キャストはこちらから

スペインのマドリードに住むエレナには、離婚した元夫との間に6歳の息子イバンがおり、元夫とイバンはフランスに旅行中。エレナが久々にひとりの時間を謳歌していた頃、元夫の携帯電話を使いイバンから電話がかかってくる。旅先からの何気ない電話と思ったエレナはたわいもない話を始めるが、父親が戻ってこず、イバンがたったひとりビーチに取り残されてしまっていることを知る。電話口の彼のつたない言葉を通じて、エレナは少しずつ息子が置かれた深刻な状況を知ることになるが…。


本作は、スペインの新鋭ロドリゴ・ソロゴイェン監督が2017年に製作した短編映画『Madre』が出発点。第91回アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされたほか世界各国の映画祭で50以上もの賞を受賞し、世界の映画人を驚かせた。短編につづいて『おもかげ』を監督したソロゴイェン監督は、緊迫感あふれるワンシーンワンカットのその短編をオープニングシーンとしてほぼそのまま採用。

“Madre”とはスペイン語で“母”のこと。『おもかげ』では幼い息子を失った母エレナが10年後、息子のおもかげを宿した少年と出会ってからの希望と再生の旅路を描いていく。サスペンスフルな短編部分に続くメインストーリーは、ジャンルの変更すら感じさせる全く違った展開が待ち受けているという。

『おもかげ』(C)Manolo Pavon
ソロゴイェン監督は、短編から続く物語として『おもかげ』を製作したことについて、「短編を撮影した後、私たちは大きな満足感を味わいました。私が当初から話していたのは、この短編は、長編映画の非常に長い冒頭シーンのような気がするということです。そして、私たちスタッフはエレナの物語を続けたいと思いました。家から飛び出し、不安に駆られながら息子を捜し回る彼女を、放っておくことはできません」と物語やキャラクターに対して感じた“借り”がきっかけだったことを明かしている。

『おもかげ』は10月23日(金)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

広告の後にも続きます
短編映画『Madre』は10月9日(金)午前0時~(10月8日24時)から10月22日(木)23時59分まで期間限定で『おもかげ』公式サイトで無料公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top