『ジュラシック・ワールド』最新作の現場で複数名が新型コロナ陽性に 2週間撮影延期

2021年6月から2022年6月10日に公開日を延期する――そう発表したばかりの『Jurassic World: Dominion』(原題)の撮影現場でトラブルが発生したことを、監督のコリン・トレヴォロウがツイッターで明かした。

最新ニュース ゴシップ
コリン・トレヴォロウ監督-(C)Getty Images
  • コリン・トレヴォロウ監督-(C)Getty Images
  • コリン・トレボロウ監督&クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード-(C)Getty Images
2021年6月から2022年6月10日に公開日を延期する――そう発表したばかりの『Jurassic World: Dominion』(原題)の撮影現場でトラブルが発生したことを、監督のコリン・トレヴォロウがツイッターで明かした。

「起きたら、『Jurassic World: Dominion』の現場で新型コロナウイルスの陽性者が何人か出たというニュースを知りました。その後すぐに全員が陰性になったけれど、セーフティ・プロトコルに従って2週間撮影を中止します。早く戻ってきますよ」と伝えた。


恐竜がマスクをしている写真を添えたところが、『ジュラシック・ワールド』の監督ならでは。コメント欄では「ディキノドン」「ミクロケラトゥス」「リストロサウルス」などの名前を挙げて、写真に写っている恐竜の種類についての討論が行われているが、「マスクをしているからはっきりしない」という声も。

ユニバーサル・ピクチャーズも同様の発表をし、後に陰性になったが最初の検査で陽性になった人物たちや、彼らの濃厚接触者に当たる人たちが自主隔離に入ったことも報告した。キャストやスタッフのだれが陽性になっていたのかは、明らかにしていない。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top