スター声優夫婦の第2の人生描く、映画愛に満ちた人生ドラマが日本公開

吹き替え声優の夫婦を描く、イスラエル発、ビタースイートであたたかい大人の珠玉作『声優夫婦の甘くない生活』が日本公開決定。ポスタービジュアルと予告編も到着した。

映画 洋画ニュース
『声優夫婦の甘くない生活』
  • 『声優夫婦の甘くない生活』
  • 『声優夫婦の甘くない生活』
  • 『声優夫婦の甘くない生活』
吹き替え声優の夫婦を描く、イスラエル発、ビタースイートであたたかい大人の珠玉作『声優夫婦の甘くない生活』が日本公開決定。ポスタービジュアルと予告編も到着した。

1990年、イスラエルへ移民したヴィクトルとラヤは、かつてソ連に届くハリウッドやヨーロッパ映画の吹き替えで活躍した声優夫婦。夢の第2の人生のはずが、新天地では声優の需要がなかった。生活のため、ラヤは夫に内緒でテレフォンセックスの仕事に就き、思わぬ才能を発揮。一方ヴィクトルは、違法な海賊版レンタルビデオ店で再び声優の職を得る。ようやく軌道に乗り始めたかに見えたが、妻の秘密が発覚したことをきっかけに、お互いの本当の声が噴出し始める――。

『声優夫婦の甘くない生活』
洋画の吹き替え声優夫婦の人生の再スタートを描いた本作は、監督を務めたエフゲニー・ルーマン自身の旧ソ連圏から移民した経験を基に、7年の歳月をかけて丁寧に作り上げられ、イスラエル史上最大の移民の波である、「鉄のカーテン」崩壊後により良い生活を願って海を渡ったロシア系ユダヤ人たちの歴史の一幕をスクリーンに描き出している。

溢れんばかりの映画愛に包まれており、今年生誕100周年を迎えるイタリアの名匠フェデリコ・フェリーニ監督に最大のオマージュを捧げ、作中ではフェリーニ監督の『ボイス・オブ・ムーン』のほか、ダスティン・ホフマン主演『クレイマー、クレイマー』など往年ハリウッドの名作が登場する。

ポスタービジュアルには、映画館に座った主人公の夫婦が捉えられ、後ろには怪しげなガスマスクの人物が座っており、一筋縄ではいかない夫婦の物語が想像される。

『声優夫婦の甘くない生活』
さらに予告編では、2人の移住からはじまり、妻のラヤがテレフォンセックスの仕事を始め、夫のヴィクトルは海賊版ビデオの制作に関わってしまう、夫婦の新生活が垣間見える。夫婦のすれ違っていく様や、ラヤの秘密のロマンス、フェリーニ監督の新作を上映しようと奮闘するヴィクトルなどのシーンも映し出されていく。


現在、本国イスラエルでは新型コロナウイルスの影響で未公開にありながら、ヨーロッパを中心とした各国の映画祭で上映、2019年タリン・ブラックナイト映画祭で脚本賞、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)受賞、2020年バーリ国際映画祭では監督賞、特別賞(女優部門)を受賞するなど、世界から喝采を浴びた話題作だ。

広告の後にも続きます
なお、ヒューマントラストシネマ有楽町との共同企画として、10月27日(火)にジャパンプレミアが開催決定。一般の応募については、配給会社ロングライド公式Twitterにて本日正午発表される。

『声優夫婦の甘くない生活』は12月18日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top