『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子がアジア太平洋映画祭で最優秀女優賞

『ミセス・ノイズィ』主演の篠原ゆき子が、第59回アジア太平洋映画祭にて最優秀女優賞を受賞した。

映画 邦画ニュース
隣人トラブルがマスコミやネット社会を巻き込んで大事件へと発展する『ミセス・ノイズィ』に主演した篠原ゆき子が、第59回アジア太平洋映画祭にて最優秀女優賞を受賞。さらに、12月4日(金)公開決定の喜びを伝える3本の告知短編動画も到着した。

>>『ミセス・ノイズィ』あらすじ&キャストはこちらから

公開中の映画『浅田家!』や10月30日(金)より公開の『罪の声』などに多数出演、「相棒season19」新レギュラーにも決まった篠原さん。

今回の受賞に際し、「以前、高崎映画祭で『共喰い』で新人賞をいただいてから、いつか主演女優賞をいただきただきたいという目標がありました。今回賞をいただいたと言う連絡があり、トロフィーも届くと言われて半年近く経ち、やっぱりガセネタだとの心づもりでいたら、こんな立派なトロフィーをいただき、最高に幸せです」と喜びをコメントした。

『ミセス・ノイズィ』アジア太平洋映画祭授賞式 (C)『ミセス・ノイズィ』製作委員会
本作は、2019年の第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門でワールドプレミアされると大反響を呼び、劇場公開が熱望された衝撃の問題作。

ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立がやがて2人の女の運命を狂わせる大事件へと発展。「SNS炎上」や「メディアリンチ」など現代の社会事情も絡みつつ、後半は思わぬ方向に事態が進んでいくサスペンスフルな展開で、あらゆる「争い」についての普遍的真理をテーマにした、天野千尋監督によるオリジナル脚本による意欲作。

『ミセス・ノイズィ』(C)「ミセス・ノイズィ」製作委員会
先日開催された北米最大の映画祭JAPAN CUTS(ジャパンカッツ)でも観客賞を獲得。また、本作の公開日を告知する、それぞれ20秒ほどの告知短編動画も到着している。

告知短編動画(1)バトル編


告知短編動画(2)ベランダ編


告知短編動画(3)喜びの舞編


『ミセス・ノイズィ』は12月4日(金)~ TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top