短歌の心継ぐセリフの数々…吉村界人&染谷将太も登場の『滑走路』ロング予告編

異例のベストセラーを記録した歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして映画化した『滑走路』よりロング版予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
  • 『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
  • 『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
  • 『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
  • 『滑走路』(c)2020 「滑走路」製作委員会
  • 『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
異例のベストセラーを記録した歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして映画化した『滑走路』よりロング版予告編が到着した。

>>『滑走路』あらすじ&キャストはこちらから

現在公開中の予告編よりももっと個々のキャラクターに迫った今回の映像。厚生労働省の官僚として非正規雇用の問題に向き合いながら、理想通りにはいかない現実に直面し精神的に追い詰められていく鷹野(浅香航大)。幼なじみを助けたことをきっかけに自らもいじめの標的となってしまった学級委員長(寄川歌太)。そして、切り絵作家の翠(水川あさみ)は妊娠が発覚した途端、夫から無責任な言葉を投げかけられる――。そんな3人の人生が、ひとりの人物の死をきっかけに絡み合っていく。

『滑走路』(C)2020 「滑走路」製作委員会
優しさと希望が溢れる印象的なセリフの数々や、Sano ibukiの主題歌「紙飛行機」の温かな歌詞が、胸を打つ予告編が完成した。


また、一足先に本作を鑑賞した原作者・萩原慎一郎の両親は「慎一郎が短歌に込めた想いを感じることが出来ました。そして、社会のさまざまな場所で頑張っている方々の横で、そっと寄り添ってくれるような映画でした」と感想を述べ、弟でギタリストの萩原健也は「全力で走る彼の姿に、十代の頃、不登校の僕を救い、勇気と希望をくれ続けた兄を想いました」とコメントを寄せた。

『滑走路』(c)2020 「滑走路」製作委員会
『滑走路』は11月20日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top