河瀬直美監督作品ならではの“役を積む”瞬間…『朝が来る』メイキング写真

辻村深月の29万部超えのベストセラー小説を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』から、“役を積む”瞬間を切り取ったメイキング写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
  • 『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の絆と葛藤を描くヒューマンドラマ『朝が来る』。辻村深月の29万部超えのベストセラー小説を河瀬直美監督が映画化した本作から、“役を積む”瞬間を切り取ったメイキング写真が到着した。

>>『朝が来る』あらすじ&キャストはこちらから

今回のメイキング写真には、特別養子縁組あっせん団体「ベビーバトン」の説明会のシーンで、永作博美と井浦新扮する実の子を持つことが叶わなかった夫婦が赤ちゃんと写る写真をはじめ、河瀬監督自らカメラを持って撮影する姿、永作さんと佐藤令旺、蒔田彩珠と浅田美代子が、それぞれ本当の親子のように寄り添う場面も登場。

『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
「ベビーバトン」の説明会シーンでは、代表・浅見静恵役の浅田さんが、特別養子縁組の全てを頭にたたきこみ、実際に役者ではない人たちからの台本にない質問に1時間ほど答え続けた。実際に特別養子縁組によって子どもを迎えた養親が登場しており、本物の言葉、本物の強さがある注目のシーンとなっている。

『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
また、望まぬ妊娠をしてしまった少女・片倉ひかり(蒔田さん)の奈良での生活を切り取ったメイキング写真。制服姿で佇む場面や、ひかりの家族の姿も捉えられている。

『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
河瀬組では、登場人物が経験してきたこと、これから経験するであろうことを役者たちがリアルに体験する、“役を積む”期間が設けられる。蒔田さんは、実際に奈良の中学校に一定期間通い、卓球部にも所属。その中学校には、後に彼氏となる麻生巧(田中偉登)も通っていたが、実際に付き合うシーンを撮影するまでは話すことは禁止されていたという。蒔田さんは「話すことはなかったけど、そこに(田中が)居ることは意識していた」と話し、付き合う前の男女の距離感が生み出されていたようだ。

また、ひかりに妊娠が発覚したシーンの撮影後、片倉家の両親(中島ひろ子、平原テツ)は巧の家に行き、ひかりと別れてほしいと頭を下げるという場面もカメラを回さずに経験。ほかにもカメラが回っていない時でも劇中の家族で一緒に生活していたことから、いざ撮影が始まるというとき、中島さんが、蒔田さんの劇中衣装を誤って洗濯してしまっていたというハプニングも生まれたそう。

広告の後にも続きます
『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
そして、ひかりが出産するまでを安全に過ごすために「ベビーバトン」の施設に入って生活するシーンがあるが、そのシーンは広島で撮影した。ひかりが養子として栗原家に子どもを授けるシーンを撮影する前、浅田さんはたまたま広島に来ていた修学旅行中の中学生を見て、「ひかりもこの中にいるはずだったのに、あの子は今から生んだ子を手放さないといけない」とリアルに考え、カメラが回っていないのにも関わらず、涙がこみ上げてきたという。

『朝が来る』メイキング(C)2020「朝が来る」Film Partners 
『朝が来る』は10月23日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top