劇場版『鬼滅の刃』3日間で46億円突破の大ヒット!「感動」「泣いた」

10月16日に公開を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、3日間で観客動員数3,420,493人、興行収入は4,623,117,450円を記録と大ヒットスタートとなったことが分かった。

映画 邦画ニュース
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
10月16日に公開を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、3日間で観客動員数3,420,493人、興行収入は4,623,117,450円を記録と大ヒットスタートとなったことが分かった。

>>『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』あらすじ&キャストはこちらから

昨年より放送が開始されたTVアニメ「鬼滅の刃」。最終話で主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが“無限列車”に乗り込むシーンで「竈門炭治郎 立志編」の物語が幕を閉じたが、その無限列車を舞台に炭治郎たちの新たなる任務が今回の劇場版で描かれる。

初日の16日は、観客動員910,507人、興行収入1,268,724,700円となり、興行成績は平日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員の歴代1位を樹立。さらに、17日(観客動員:1,270,234人 興行収入:1,701,723,350円)&18日(観客動員:1,239,752人 興行収入:1,652,669,400円)も同じく、土日における日本国内で公開された映画の興行収入・動員歴代1位に輝いた。

17日にはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて舞台挨拶を実施、全国206館の映画館へ生中継も行われ、賑わいをみせた本作。PCと携帯電話を使ったWEB初日アンケートでは、満足度は「非常に良かった」84.6%、「良かった」13.8%を合わせて98.4%と非常に高い数字を叩き出し、SNSでも「鬼滅の刃、映画。すごくよかった。漫画も読んでいたのにも関わらずめちゃくちゃ感動した」「映像綺麗し 泣けるシーンが沢山 また観に行こ」「鬼滅の刃映画見終わった… めちゃくちゃ泣いた」「感情昂ってちょっと泣いたし煉獄さんの戦闘シーンめちゃくちゃ震えた 作画も全てが最高だった」などと絶賛する声があふれている。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top