【MOVIEブログ】観てから買うか、買ってから観るか

現在、MOVIEブログでは矢田部先輩による東京国際映画祭(以降TIFF)の上映作品紹介が絶賛連載中ですが、その中での閑話休題ということで、今回のTIFFでの新たな取り組みについてご紹介。

最新ニュース スクープ
サコッシュ的にななめ掛けもできるすぐれものトート
  • サコッシュ的にななめ掛けもできるすぐれものトート
  • トートバッグのBASE
  • オリジナルグッズのSUZURI
  • これからの季節にオススメのスウェット
現在、MOVIEブログでは矢田部先輩による東京国際映画祭(以降TIFF)の上映作品紹介が絶賛連載中ですが、その中での閑話休題ということで、今回のTIFFでの新たな取り組みについてご紹介。

海外の映画祭などに行くと必ずあるのが、映画祭のグッズショップ。

カンヌやベルリンではかなりの数のグッズがあって、街中にショップもで~んという感じであって、僕もセラー時代にはそこでお土産を買ったりしていました(結構お高いんですけどね)。何で東京にはこういうのがないんだろうとず~っと思っていました。ということで、ないならやってしまえということで、今年からBASEとSUZURIというネットショップでグッズ販売をやってみることにしました。

オリジナルグッズのSUZURI
BASE(香取慎吾さんがCMやってるやつ)の方ではこちらでオフィシャルグッズとして作っていたトートバッグを販売。今年の映画祭のキャッチコピーの「Bloom!」が入った白と紺の2バリエーションで、普段使いもできるちょっと便利な代物です。このTIFFのトートバッグはここ数年毎年作られていて、色んなバリエーションが存在していて、あの深田晃司監督も使ってくれていたりする、業界では割と有名なバッグなのです。これを30個限定で売っています。

これからの季節にオススメのスウェット
SUZURIの方では今年10周年になる現役大学生によるTIFFの宣伝部隊・学生応援団が自ら開発したオリジナルグッズ(サコッシュ、クリアマルチケース、ステッカー、ロンT、スウェットの5種)を展開しています。高みを目指す学生の姿勢と映画をかけてみたデザインでなかなかユニークなものになっていますので、こちらも併せて是非!

やっぱり映画祭に来たら記念に何か欲しいですよね。

TOHOシネマズ六本木ヒルズの売店でもトートバッグは販売しているのですが、例年すぐに完売してしまうので、こうしてネットでもお求め出来るようにしました。今更?というかんじもなくはないですが、それでもやらないよりはやった方がいい。映画祭のマーチャンダイジング展開。やっぱりあった方がいい。観てから買うか。買ってから観るか。どっちでもいいです。
《text:Yusuke Kikuchi》

特集

関連記事

特集

page top