オラフ、自分自身を探しに?オリジナル短編『オラフの生まれた日』配信へ

『アナと雪の女王』シリーズの大人気キャラクター、オラフ誕生のひみつを描いた、ディズニープラスオリジナル短編アニメーション『オラフの生まれた日』が配信決定。

映画 洋画ニュース
世界中で大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』シリーズに登場する大人気キャラクター、オラフ誕生のひみつを描いた、「Disney+(ディズニープラス)」オリジナル短編アニメーション『オラフの生まれた日』が、10月30日(金)より配信されることが決定、日本語版予告編が到着した。

>>『アナと雪の女王』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、アカデミー賞受賞『アナと雪の女王』から生まれた、無邪気で人懐っこくて、ハグが大好きな、夏を愛する雪だるまのオラフの誕生のひみつをひも解く短編アニメーション。

物語の舞台は、アレンデール郊外の山の中。命を宿したオラフが、自分が何者でなぜ生きているのかを知ろうとする姿を、『アナと雪の女王』本編でアナとクリストフがエルサを追い、探し求めるシーンと並行して描かれていく。


監督は、『アナと雪の女王2』でオラフのアニメーション・スーパーバイザーを務めたトレント・コリー。お馴染みのアナ、エルサ、クリストフも登場し、「レット・イット・ゴー ~~ありのままで~」の歌唱シーンも登場する。

配信に先駆けて解禁された日本語版予告編では、エルサが歌う「レット・イット・ゴー」から始まり、アナも登場。なぜかオーケンの店を訪れたオラフが、自分の名前は何なのか、自分は何者かをコミカルにテンポよく問う姿が描かれている。

『オラフの生まれた日』は10月30日(金)よりディズニープラスにて独占配信。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top