本広監督、斎藤工のワードセンスを絶賛『ビューティフルドリーマー』は即興芝居たっぷり!?

新レーベル「Cinema Lab」の第1弾作品、本広克行監督による映画研究会が伝説に挑む映画『ビューティフルドリーマー』より予告編と場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
  • 『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
新レーベル「Cinema Lab」の第1弾作品、本広克行監督による映画研究会が伝説に挑む映画『ビューティフルドリーマー』より予告編と場面写真が到着した。

>>『ビューティフルドリーマー』あらすじ&キャストはこちらから

映画を撮ったことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが挑む、映研に伝わる“いわくつきの台本”の映画化。「これは撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる台本」という言葉通りに、部員たちは次々に予期せぬ困難やトラブルに見舞われる。果たして彼らは無事にクランクアップできるのか――。

『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
本広克行監督、押井守監督、小中和哉監督、そして上田慎一郎監督が参加する映画実験レーベル「Cinema Lab」。その第1弾作品となる本作は、小川紗良が主演する押井守の脚本「夢みる人」の実写映像化。

予告編では、撮影中の様子や「これを撮ろうとすると必ず変なことが起こる」とタクミ先輩が話すシーンが登場。秋元才加、升毅、神尾楓珠らの姿も確認することができる。


また、先勝美術大学映画研究会の伝説のOB・サイトウタクミ役として本作に出演している斎藤工からコメントも到着。「未だに邦画によくある、同じ様なキャスト、同じ様な内容をシャッフルして、もう既に何度か見た事ある様な、企業が"損しなさそうな"安心安全作品では無く、本質的に時代に沿った、自由度とクオリティを保って邦画界のニューニュートラルの一歩目に本作がなる事を願っています」と話している。

『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
さらに今回、本作のセリフの半分以上が“俳優たちの即興芝居”で構成されているという、本広監督の前代未聞の演出方法が明らかに。

広告の後にも続きます
「エチュード(即興芝居)力の高い人をキャスティングした」という本広監督は、「シーン設定を役者に教えてカメラを回し、横から僕が掻き乱すんです。僕が、横から口立てで『ブライアン・デ・パルマって言え!』『トリュフォーのアメリカの夜って言え』と言うんです。それを役者が、『あぁ、いま指令が来た』と瞬時に考えて芝居の中に『あの、アメリカの夜なんだけど』とエチュードで入れていく。僕的にはその『戸惑い』が最高に面白いです。ドSになった気分でした」と撮影をふり返る。

『ビューティフルドリーマー』(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
そして「斎藤工くんのエチュードはあまり喋らないけど、エチュード力が高くて素晴らしかった。ぽつっと言う一言のワードセンスが素晴らしかった。小川紗良ちゃんは笑ってたね(笑)」と明かし、「現場で僕の好きな映画のタイトルとかをできるだけ横から入れて、エチュードで役者さんたちにやってもらおうと思ってました。『ゼロ・グラビティ』『羊たちの沈黙』『パプリカ』『オーメン』『エクソシスト』『椿三十郎』『ブレードランナー』『メイズ・ランナー』などなど。『デ・パルマ・カット』とかも言ってもらいましたね(笑)」と話している。

なお、11月6日(金)にはテアトル新宿、7日(土)にはシネ・リーブル梅田にて舞台挨拶が行われることも決定した。

『ビューティフルドリーマー』は11月6日(金)より全国にて順次公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top