長澤まさみ出演、松尾スズキ新作ミュージカル「フリムンシスターズ」舞台写真

松尾スズキがシアターコクーン芸術監督就任後初となる新作ミュージカル「フリムンシスターズ」が10月24日ついにBunkamuraシアターコクーンにて初日がスタートし、その際の舞台写真が到着した。

最新ニュース レポート
COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」
  • COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」
松尾スズキがシアターコクーン芸術監督に就任して初となる新作ミュージカル「フリムンシスターズ」が10月24日ついにBunkamuraシアターコクーンにて初日がスタートし、その際の舞台写真が到着した。

11月23日(月・祝)まで東京公演が行われたあと、11月28日(土)からはオリックス劇場にて大阪公演がスタートする本作。出演者は、シアターコクーン初登場となる長澤まさみをはじめ、秋山菜津子、皆川猿時、栗原類、オクイシュージ、村杉蝉之介、池津祥子、猫背椿、笠松はる、片岡正二郎、阿部サダヲら個性豊かなキャストが揃い、美しくも混沌とした松尾さんならではの世界へ誘う。

10月24日の初日、まず舞台には派手に着飾ったドラァグクイーン姿の皆川さんが登場。そこは、彼女が建てた新宿2丁目の上空に浮かぶ劇場「テアトル・ド・モモ」――。皆川さん演じる信長がストーリーテラー的な立場となり、今回の物語は幕を開ける。

COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
そして舞台装置が動き、西新宿の小さなコンビニで働くちひろの部屋、薄汚れた狭いアパートの一室が登場。ちひろは無気力で猫背、住み込みでなぜか無給、そして時々店長と寝る毎日を過ごしている。舞台上には巨大な白い円錐形状の身体を持つバスタオルおじさんが立ち尽くし、ボートに乗った黒人が通り過ぎたりするが、これは彼女にしか見えない存在だ。

さらに西新宿の少し離れた別の場所にいたのは、かつての大女優みつ子と、その同志として彼女をサポートする親友のオカマのヒデヨシ。自分の車で妹をはね、その後別れた夫に娘の親権を取られて心を病んでしまったみつ子がヒデヨシと共に偶然、ちひろが店番中のコンビニを訪れたことで3人は出会い、その運命を共にすることとなる。

COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
ちひろを演じるのは長澤さん。前半の無気力ぶりから、大ファンのみつ子に出会い生気を取り戻していくギャップが激しく、そのコントラストに観客は魅了された。みつ子役の秋山さんは、笑いを差し込んでいく間が絶妙。ヒデヨシ役の阿部さんは、キャラクターが持つチャーミングさはもちろんのこと、歌の表現力の豊かさからも客席の空気を力強く動かしていた。

COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
松尾さんは、このコロナ禍の影響で時間が生まれて歌詞を書くことが出来たからこそ、当初の音楽劇の予定が“新作ミュージカル”となったと語っており、曲数は20曲以上と多く、インパクトのある言葉もたくさん耳に残る。

広告の後にも続きます
また二幕は、予想が何度も何度もいい意味で裏切られ、そのワクワクはエンディングまでずっと転がり続ける。本作はファンタジーでありながら、マジックリアリズムでもあり、ハードボイルドのようでもありながら、しかしやはり喜劇なのだ。

COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」撮影:細野晋司
COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」東京公演は~11月23日(月・祝)Bunkamuraシアターコクーンにて上演中、大阪公演は11月28日(土)~12月6日(日)オリックス劇場にて上演。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top