Disney+のマーベルドラマ「ムーンナイト」、オスカー・アイザックが出演交渉中

マーベル・コミックの「ムーンナイト」を「Disney+」がドラマ化する。現在、オスカー・アイザックが主役のムーンナイト役で交渉中だという。

最新ニュース ゴシップ
オスカー・アイザック Photo by Rich Fury/Getty Images)
  • オスカー・アイザック Photo by Rich Fury/Getty Images)
  • オスカー・アイザック Photo by Richard Harbaugh - Handout/A.M.P.A.S. via Getty Images
  • オスカー・アイザック Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
  • オスカー・アイザック-(C)Getty Images
マーベル・コミックの「ムーンナイト」を「Disney+」がドラマ化する。現在、オスカー・アイザックが主役のムーンナイト役で交渉中だという。「The Hollywood Reporter」が伝えた。

ムーンナイト/マーク・スペクターは1975年のコミック「Werewolf by Night #32」に初登場。タクシー運転手のジェイク・ロックリー、大富豪のプレイボーイ・スティーヴン・グラントという複数の人格を持っている元傭兵。戦いで死にかけたところを月の神コンシューと契約し、一命を取りとめる。

オスカー・アイザック Photo by Richard Harbaugh - Handout/A.M.P.A.S. via Getty Images
今作の企画と脚本は、Netflixの大ヒット作「アンブレラ・アカデミー」を企画し脚本を担当したジェレミー・スレイターに決定。

昨年、ディズニーのイベント「D23」で今作のドラマ化が発表されて以来、主役を誰が演じるかに注目が集まっていた。無名あるいは新人が演じる可能性が濃厚とされていたなか、今年2月にはダニエル・ラドクリフの名前が挙がり、本人が否定したこともあった。『スター・ウォーズ』シリーズ、『X-MEN:アポカリプス』などの大作で活躍しているオスカーが出演交渉中であることは、ちょっとしたサプライズだ。また、原作ではムーンナイトはアメリカ出身のユダヤ人であるが、オスカーはラテン系。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top