世界観に癒される視聴者続出、有村架純と林遣都の演技も話題に…「姉ちゃんの恋人」

有村架純が2年ぶりの民放連続ドラマ主演を務める「姉ちゃんの恋人」が10月27日から放送開始。SNSでは「あたたかいドラマ」「心がじんわりほぐれていく」などの声が続出。有村さんと林遣都の演技の自然さにも多くの反応が集まっている。

最新ニュース スクープ
「姉ちゃんの恋人」第1話 (C) カンテレ
  • 「姉ちゃんの恋人」第1話 (C) カンテレ
  • 「姉ちゃんの恋人」第1話 (C) カンテレ
有村架純が2年ぶりの民放連続ドラマ主演を務める「姉ちゃんの恋人」が10月27日から放送開始。SNSでは「あたたかいドラマ」「心がじんわりほぐれていく」などの声が続出。有村さんと林遣都の演技の自然さにも多くの反応が集まっている。

両親を事故で亡くしてから、3人の弟たちを養ってきた明るく前向きで、ちょっとガサツな姉ちゃんが、ある日、職場で恋に落ちる…という本作。有村さんがヒロインを務めた連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本家・岡田惠和と再タッグを組むのも注目ポイントだ。

高校生のときに両親を事故で亡くし大学進学を断念。弟たちを養うため“一家の大黒柱”としてホームセンターで働き始めて9年目となる27歳の安達桃子には有村さん。

また桃子と同じホームセンターの配送部で働き、フォークリフトの腕が良く、夜勤の仕事も真面目にこなす31歳の吉岡真人を林さんが。

桃子の弟の3兄弟のうち長男で大学生の和輝を「King & Prince」高橋海人が、真人と同じくホームセンターの配送部で働く高田悟志を藤木直人が、桃子の上司・市原日南子を小池栄子が、桃子の幼なじみで、親目線で和輝ら3兄弟の成長を見守る浜野みゆきを奈緒が、真人の母・貴子を和久井映見がそれぞれ演じる。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
桃子の「クリスマスはドカーンとやりたいですね」という提案がきっかけになったクリスマスプロジェクト。各部署から人員が派遣され桃子が中心となり、ミーティングが行われることに。真人はキラキラしたクリスマスもいいが、寂しかったり、辛い思いを持った人にも優しいクリスマスにしようと提案。本物のもみの木をツリーにしたいと話す。桃子もまた同じ思いを抱いていた…。

このシーンに「本物のモミの木のくだりで涙出てきた。幸せの象徴みたいなクリスマス、キラキラしたものが悲しい人もいるんだけど、そういう人も触りたくなるようにっていう視点が暖かい」「会議でクリスマス装飾の方向性が決まっただけなのになんだか泣きそうになった」「クリスマスの描き方1つでこんなに優しくてあたたかいドラマってなかなかない」といった反応が上がる。「本当に地味なんだけど心がじんわりほぐれていくようなドラマ」「涙が止まりません あったかいなぁ やさしいなぁ」「このドラマ絶対全キャラ好きになる。もう全員応援したいもん」といった投稿が続出。

広告の後にも続きます
また有村さんと林さんの演技に「有村架純ちゃんと林遣都くんの演技力に圧倒されちゃった、、自然すぎる」「会話の自然さに引き込まれました」といった感想も多数寄せられている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top