大人も必見!性教育にとどまらない人生に必要不可欠な学びが詰まった青春ドラマに注目

令和の世でもオープンに語り合うことがはばかられる性について果敢に斬り込むABEMAオリジナルドラマ「17.3 about a sex」には、高校生の性と恋愛の青春ドラマ以上の深い意義が込められている。

最新ニュース コラム
「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」5話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」4話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」4話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」2話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」1話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」6話(C)AbemaTV
  • 「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV
「深い話なのに見やすい」「こんな恋愛ドラマ初めて」など、配信スタート以来、多くの声を集めているABEMAオリジナルドラマ「17.3 about a sex」。3人の女子高校生たちの高校生活を通して、令和の世でもオープンに語り合うことがはばかられる性というテーマに果敢に斬り込み、話題を呼んでいる。

“性”とは、「心」を示すりっしんべんに「生」と書く。性について学び、理解を深め、新たな価値観に触れることは、自分の体はもちろん心も守り、生命、人生、生き方そのものにも関わっていくこと。「全ての大人が見るべき」とのコメントも寄せられている「17.3」には、高校生の性と恋愛の青春ドラマ以上の深い意義が込められている。

性についての価値観がアップデートできる作品が人気


「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV「17.3 about a sex」8話
10月22日に配信された第8話では、“未成年の望まぬ妊娠”、そして“日本の学校の性教育が抱える問題”がテーマになった。これまでも望まぬ妊娠をはじめ、性を取り扱う作品は多数存在してきたが、日本では「14歳の母」をはじめ問題の本質よりもシリアスな人間関係や家族愛を見せるものが多かった。今作「17.3」では、女子高校生たちの青春ドラマの中に、ごく当たり前のように性についての当事者の学びや気づきが散りばめられ、彼女たちをとりまく友情や家族のドラマもきっちりと描かれている。

「17.3 about a sex」1話(C)AbemaTV「17.3 about a sex」1話
世界的には、イギリスのある高校を舞台にした人気シリーズ「セックス・エデュケーション」(Netflix)が知られている。奥手の高校生オーティス(エイサ・バターフィールド)が、セックスセラピストの母さながらに学校内でセラピーを始めたことで、同級生やその親、教師たちも巻き込み、恋愛関係、友人関係、親子関係などが変化と成長を見せていく。

Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」独占配信中Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エデュケーション」独占配信中
10代の恋愛とセックスにまつわる悩みから避妊、中絶、性暴力などについても網羅し、同年代のみならず大人世代の支持も高い。それぞれのキャラクターを多面的に描くリアルさ、80年代の名作青春映画の影響を受けた映像や衣装、セットなどに引き込まれているうちに、ハッとさせられ、心を打たれる瞬間が毎回登場する。

社会とも密接に関わる「17.3」が踏み込む領域


「17.3 about a sex」4話(C)AbemaTV「17.3 about a sex」4話
「17.3」も、高校生の性体験や性感染症、性自認(ジェンダー・アイデンティティ)と性的指向(セクシャル・オリエンテーション)の流動性、さらにセルフプレジャー、体形の悩みなど等身大かつリアルなテーマを取り上げてきた。

第6話では祐奈(秋田汐梨)が自分の胸のサイズに悩み、そのせいで彼氏が冷めてしまったと悩む姿が描かれた。ドラマラストに登場したデータによれば、10代の日本人女性の93%が「自分の容姿に自信をもっていない」といい、その数字は調査対象の世界14か国で圧倒的な1位という結果に…。そのうちの52%が「“美しくなければ”とプレッシャーを感じている」という。

広告の後にも続きます
「17.3 about a sex」6話(C)AbemaTV「17.3 about a sex」6話
また、第7話では紬(田鍋梨々花)が志望大学主催のスピーチ大会に応募するが、肝心の本番の日に生理が始まってしまうエピソードが描かれた。紬がその後、生理痛改善や周期調整のために保険適用の低用量ピルを飲みはじめたことを咲良(永瀬莉子)と祐奈に報告するシーンが登場すると、「生理で何かを諦める必要ないんだ」「ピルのこと知れてよかった」といった声が相次いだ。

紬のスピーチも「女だから」という理由で欲望の対象となり、“役割”を押しつけられる「私を受け入れてくれない地獄のような社会」への提言となっていた。

その一方、第8話では、生理周期が不安定な若年期ゆえに妊娠に気づけず、「検査したときには(中絶が法律で認められている)22週を過ぎていた」と話す同級生・遠藤成美(中村守里)の妊娠発覚の“その先”に踏み込んだ。校則では“妊娠をした者”と“性犯罪を犯した者”は退学になる、という。なぜ、この2つが同列に並ぶのか、女性の成美だけが処分させられるのか、咲良たちは異論を唱えるが、生物教師・城山(ソニン)の言葉がまた痛快だった。

「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV「17.3 about a sex」8話
「不十分な性教育で、正しい知識もつけられず妊娠してしまう、させてしまう。学業まで諦めなければならない。そういう状況にいる彼らは、むしろ被害者なのでは」と学校側の対応に意義を唱えたのだ。さらに咲良たちも自ら情報を探り、話し合い、「人生終わってる」と諦めを抱えている成美の力になろうとする。

「人生終わったなんて言ってほしくない」「成美が幸せになれないと、赤ちゃんだって幸せになれない」と、咲良たちがそれぞれの経験から得た学びを糧に友人の体と心、そして人生をいっそう大事に考えられるようになった姿は実に頼もしい。

「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV
ちなみに「セックス・エデュケーション」シーズン2の7話では、望まない妊娠を防ぐために事後に飲む「緊急避妊薬(アフターピル)」が登場する。主人公のオーティスが交際相手ではなかった女子とセックスをしてしまい、コンドームを使用した確信もないことから妊娠の可能性を心配、彼女に付き添ってイギリスでは薬局で販売されているアフターピルを買いに行く。医師の処方箋は不要だ。

「セックスには責任が伴う」というオーティスと、「安全日だって言うから」「コンドームがなかったから」という成美の相手で咲良の元彼・劉生と対応の違いはまさに教育や知識(+制度)の差だ。

「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV
望まない妊娠を防ぐためにも、日本でも「緊急避妊薬」が処方箋なしで薬局で購入できるよう求められているが、先日、日本産婦人科医会は“若い女性に性教育が足りていない“”女性が安易な考えに流れる”といった根拠のない根拠から改めて反対の立場を表明したことで反論の声が上がっている。

なぜ、いつも若い女性のせいにさせられてしまうのか。新しい命を宿しているのに「人生終わってる」と言わせてしまう社会でよいのか。性=セックスにまつわることは社会全体での問題でもある。大人世代こそもっと性について正しく学び、オープンに対話をして理解を深め、広めていくことは次の世代の心と体、命を守るための大前提。「17.3」には、そのヒントがたくさん詰まっている。

「17.3 about a sex」8話(C)AbemaTV

最終回あらすじ(10月29日配信)


隠していたコンドームが母・亜紀(藤原紀香)に見つかってしまった咲良(永瀬莉子)。激怒した母に問い詰められた咲良は家を飛び出し、その日は祐奈(秋田汐梨)と紬(田鍋梨々花)の家に泊まることに。翌日、学校で悠(水沢林太郎)にもう家に帰りたくないと話すと、「俺も一緒に帰ろうか」と意外な言葉を投げかけられる。

悠の性についての話になるかもしれないと伝えるも「俺は大丈夫だから」と、悠は堂々と答える。そして2人は母が待つ咲良の家へ。気まずい沈黙が続く中、3人の話し合いは、思わぬ方向へ…。

「17.3 about a sex」最終回は10月29日(木)23時~ABEMA SPECIALチャンネルにて配信、ABEMAビデオで無料見逃し配信中(全9話)。
《text:Reiko Uehara》

特集

関連記事

特集

page top