山田裕貴「嫌いにならないで」主演“フライングドラマ”「頼田朝日の方程式。」スタート

「先生を消す方程式。」のドラマ史上初の“フライングドラマ”「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」が「ABEMA」独占配信スタート。主演・山田裕貴が10分越えの超長セリフをワンカット撮影で挑む

最新ニュース スクープ
「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」フライングドラマ (C)AbemaTV, Inc.
  • 「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」フライングドラマ (C)AbemaTV, Inc.
  • 「先生を消す方程式。」フライングドラマ (C)AbemaTV, Inc.
  • 「先生を消す方程式。」
  • 「先生を消す方程式。」
  • 「先生を消す方程式。」第1話 (C) テレビ朝日
田中圭主演の土曜ナイトドラマ「先生を消す方程式。」の“フライングドラマ”となる「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」が「ABEMA」にて独占配信スタート。主演・山田裕貴が10分越えの超長セリフをワンカット撮影で挑み、自ら「今までの山田史上、一番心が汚いやつ」と語る副担任・頼田朝日を怪演している。

“フライングドラマ”とは、田中さん主演の異色学園サスペンスドラマ「先生を消す方程式。」(以下、本編)の物語とリンクしながら、本編に隠された謎や真実に繋がるヒントを本編より先に解明していく、一般的なスピンオフドラマとは一線を画す新ジャンル。

「先生を消す方程式。」「先生を消す方程式。」より
「頼田朝日の方程式。」では、本編の最終回以降の物語がフライングして描かれていく。主演は、本編にて田中さんが演じる義澤経男に寄り添う、心強い3年D組の副担任・頼田朝日役の山田さんが務め、本編にて追って明らかとなる頼田朝日の狂気性に焦点を当てて物語が展開される。

「先生を消す方程式。」「先生を消す方程式。」頼田朝日
山田さんは、本作にて自身の役者人生史上最長となるセリフ量、かつ場面転換のないワンカット撮影にて前代未聞の一人芝居に挑戦。1話あたり10分を超える台本を見て、「嘘だろ!」と「地面に倒れこんだ」という山田さんは、頼田朝日役について「今までの山田史上、一番心が汚いやつにしてやろうと思いました」と語り、「頼田をみて、“絶対こんなやつになりたくない”って思ってほしい」と視聴者へ注目してほしいポイントを激白。

「この役をやって僕も歪んできそうで怖いです。撮影が終わるまでに、僕のことを嫌いにならないでください!(笑)」とアピールした。

「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」フライングドラマ (C)AbemaTV, Inc.
さらに「(鈴木)おさむさんがこの役を僕に任せてくれた思いとか、現場の皆さんの期待を感じるんです。だからこそ、僕はその期待に応えたい、クオリティを落としたくない、という気持ちが強いですね」と山田さん。

「『あ、山田裕貴ここまでしかできないんだ』と思われたくない。よく“神様は乗り越えられない試練は与えない”っていうじゃないですか!でも、それに対して僕は『ギリギリ超えてるぞ!』って言いたいです(笑)」と語り、「本当に『頼田朝日の方程式。』をやり遂げたい。それは本当に思っています」と力強く意気込みを明かしている。

広告の後にも続きます
なお、「ABEMAビデオ」にて見逃し配信を行う本編「先生を消す方程式。」は、「おっさんずラブ-in the sky-」から1年ぶりに土曜ナイトドラマにて主演を務める田中さんと、「M 愛すべき人がいて」を生んだ鈴木おさむ氏によるオリジナル脚本作品。田中さんをはじめ、山田さん、高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫、松本まりかほか、個性豊かな俳優陣が集結し、先の読めない怒涛の学園サスペンスドラマを繰り広げていく。

ABEMA「頼田朝日の方程式。-最凶の授業-」フライングドラマ 第1話:「金銭力×行動力×知力=権力」は「ABEMAプレミアム」にて配信中(全8話)
※「ABEMAプレミアム」に登録後、視聴可能

「先生を消す方程式。」は毎週土曜日23時~テレビ朝日にて放送中。「ABEMAビデオ」にて見逃し配信中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top