『スパイダーマン』の親友ネッド役俳優が大幅減量「もう痩せろとは言えないよね?」

トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズでスパイダーマンの親友ネッド役を演じているジェイコブ・バタロンが、大幅な減量に成功した。

最新ニュース ゴシップ
トム・ホランド&ジェイコブ・バタロン Photo by Suhaimi Abdullah/Getty Images
  • トム・ホランド&ジェイコブ・バタロン Photo by Suhaimi Abdullah/Getty Images
  • 『スパイダーマン』キャスト陣 Photo by Jeff Spicer/Getty Images for Sony
  • トム・ホランド&ジェイコブ・バタロン&ゼンデイヤ Photo by Theo Wargo/Getty Images
トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズでスパイダーマンの親友ネッド役を演じているジェイコブ・バタロンが、大幅減量に成功した。

ジェイコブは、『スパイダーマン』第3弾の撮影のため、アトランタ入りしたことをインスタグラムのストーリーズで報告。「ネッドがちょっと立ち寄ってみんなにあいさつしたいって」というキャプションを添えた自身の姿は、過去2作のネッドとは様変わりしたスリム・ネッドだった。


インスタの過去の投稿をたどってみると、8月31日の写真からジェイコブは痩せつつあり、「あれ? 痩せてきてない?」というコメントも寄せられていた。10月10日には激やせした姿を初披露。「みんなの心配はありがたかったとはいえ、もうぼくに『痩せなさい』と言うことはできないよね?」とつづっている。これまで太っているということで、健康状態について心配されることが多かったようだ。

本人はダイエットの詳細について明らかにしていないものの、『スパイダーマン』のファンアカウントは、ジェイコブが『スパイダーマン』第3弾のための役作りで102ポンド(約46キロ)減量したとして、ジムで大汗をかいてワークアウトに打ち込むジェイコブと、減量後のジェイコブの比較写真を掲載している。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top